読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

下半身のオシャレは小物アイテムに注力する!

モテる男性 モテる男性-身だしなみ

http://www.flickr.com/photos/66697111@N00/6949896961
photo by erichhh

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain下半身のオシャレのコツはアイテムの組み合わせを考えること

男性は上半身に気を配っていても、下半身まで気を配れていないケースがよくあります。
しかし、女性は、当然下半身もしっかり見ています。
オシャレな女子ほど足元に注目してるかもしれません。

下半身のオシャレは、組み合わせが鍵です。
例えば、パンツと靴した、ベルトと靴の組み合わせです。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plainデニムと黒のパンツがマスト

まず、パンツと靴下について書いて行きます。
パンツは、基本的に夏と冬どちらも長い丈のパンツを選びましょう。
短い丈のパンツは、年令を重ねるに連れて、難しくなっていきますので、ここでは省略させて頂きます。

まず、デニムと黒のパンツは必ず持っておきましょう。

普段使いなら、デニムで問題ないはずです。
誰でも普通に見せることができますし、オールシーズン履くことができます。
ただし、オシャレなイタリアンやフレンチのお店はデニムだと入れないこともあるので、気を付けて下さい。
店前で注意されると、女性に恥をかかせてしまいます。

デニムの型としては、「ストレート」か「ブーツカット」が無難です。
ブーツカットとは、少し裾が広がっている型で、どちらかと言うと、痩せ型の人が似合うとされています。

続いて黒パンツもあると便利です。
ポイントは、折り目が前に着いてないものにしましょう。
最初は模様のない無地のものを選ぶのが無難です。
これでは、オシャレなイタリアンやフレンチのお店も行くことができます。

デニムは、3000円〜5000円ぐらいの安物でも構いません。
黒パンツは、7000円ぐらいのものがオススメです。
裾は必ず整えてもらいましょう。

また、パンツの前のポケットには何も入れないことが鉄則です。
前にあるポケットは単なる飾りです。

オシャレに慣れていない人は、靴下の色を黒にしておきましょう。
他の色はオススメしません。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plainベルトと靴の手抜きは禁物

ベルトと靴はセットで考えなければなりません。
デニムを履くときには、カジュアルな茶系の革靴か白系のスニーカーが良いでしょう。

スニーカーは、白地にラインが入ってるものが無難だそうです。
そのラインと同じ色が入っているベルトを組み合わせると、オシャレに見えます。

ラインがなければ靴紐の色とベルトを合わせると良いでしょう。
靴紐も普段から数種類容易しておくと、オシャレに見せることが出来ると思います。

ベルトで注意することは、バックルが派手なものや、ゴツいものは選ばないことです。

黒いパンツを履く際も革靴がいいと思います。
ビジネス系ではなく、カジュアル系のもの、色は黒か茶系にしてください。
白系やブーツは、合わせるのが難しいので避けたいところです。

ベルトは靴の色に合わせて下さい。
スニーカーは4000円〜、革靴は1万円〜が相場かと思います。




f:id:t-dicek:20140920092713p:plainパンツの履き方を間違えると台無し

パンツの履き方が変であると、せっかく上半身をオシャレに整えたとしても、全体的にダサく見せてしまいます。

言うまでもなく、シャツはパンツから出します。
ベルトが隠れていてもいいのです。
チラリと見えるぐらいがちょうどいいからです。

パンツの基本は腰履きです。
パンツは、腰で履くよう設定されています。

ベルトは、しっかり締めた状態から穴二つくらいの余裕を持って開けておきましょう。
忘れてはならないのは、ベルトは飾りです。
パンツをとめるものではありません