読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

挨拶で必ず次の会話のキッカケを作る。

http://www.flickr.com/photos/38454047@N05/6990618928
photo by susivinh

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain挨拶は会話を生むためのもの


出会いの場に行っても、女性と会話をしなければ、その出会いが恋愛に発展しません。

女性に声をかけて、話を広げる。
この基本が重要で、分かっていてもなかなかできない人も多いのではないでしょうか?

あなたへ DVD(2枚組)

あなたへ DVD(2枚組)

声を掛ける上で、一番簡単なのが挨拶だと思います。
こんにちは、と声をかけてこんにちは、と返ってきたら次の言葉をかけます。
挨拶を交わしたことで、相手の女性も貴方に向き合う準備をするのです。

つまり、最初の挨拶をサボってしまうと、その出会いは意味がないものになってしまいます。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plainあくまでも挨拶で


多くの男性にとって、女性に声をかけることを苦手としています。
それに反して、多くの女性は、男性から声をかけてもらいたいと思っているものです。

女性の基本姿勢は待ちなのです。
男性は、気張って女性に声をかけなくてはなりません。

しかし、声をかける際には、期待を高くしないことです。
彼女を作るために声を掛けると、意気込むと、間違いなく緊張します。
緊張してしまったら女性とのスムーズな会話は、できるはずもありません。

女性に声をかける時は、挨拶だけでもといったスタンスが大事です。

期待を下げる、これが肝です。
人は傷つきやすい。
自分から行動して、それが失敗に終わったら、次に同じ行動が取れなくなります。

女性に声を掛けたけど、無視された。
次も無視されるのではないか?と、思ってしまいます。
これでは、次に進めません。
言わば軽いトラウマを背負ってしまうことです。

トラウマはできるだけ未然に防ぐ必要があります。
そのため、まず挨拶なのです。
挨拶なら、とりあえずやろうという気持ちでいけます。
挨拶が返ってきただけで成功だと思います。
自分へのノルマを下げることで、トラウマをなくし、成功体験を増やして、自信を持つことにも繋がってきます。


f:id:t-dicek:20140920092713p:plain挨拶を日頃の習慣に


挨拶は感じよくが基本です。
相手に好感を与えられる挨拶ができるようになるためには、日頃の習慣が大切です。

初めての人に話しかけるのは、とても緊張してしまうものです。
まして、合コンなどの出会いの場であればなおさらでしょう。
ですから、まずは日々の挨拶を習慣づけることで、その緊張に慣れてしまいましょう。

出勤、登校したらおはようございますと。
お店に入り、いらっしゃいませと言われたら、こんにちわ。
近所の人とすれ違ったらこんにちわ。

このうように、挨拶ができる場所はたくさんあります。
中にな挨拶を返してくれない人もいるかもしれません。
そんなこと、気にしなくていいのです。
自己満足です。

(出会いの場でなら、なおさらです。挨拶を返してくれない人を好きになってしまいますか?)

人に話をかけるのが苦手な人は、ありがとう、という言葉が自然と出てくるようにしましょう。

コンビニで買い物した際に、レジ係の人にありがとう。
レストランで、ウェイターが食事を持ってきてくれたら、ありがとう。

こういう風に自然に声をかける練習をしていくと、人に声をかけることに慣れ、いざ、出会いがあったときも自然に声をかけることができるようになります。

出会いがないという人は、自分が挨拶をしているかどうか振り返って見てください。
もし、普段あまり挨拶をしないのであれば、出会いがない原因の一つになっていることに気づきませんか?

こんにちわ、の一言が出会いにつながることがあるのです。

今日の合言葉は、不信感を与えない挨拶は出会いの最高のきっかけ、です。