読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

出会いはあくまで確率論、女性の好みの範囲を広げる努力も必要

お付き合いの話 お付き合いの話-出会いの話

http://www.flickr.com/photos/46245173@N04/5699239473
photo by vale ♡

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain出会いは確率論。行動したもの勝ち

行動しなければ、出会いはありません。


人間はノウハウを理解すると、実践する前に満足してしまう生き物です。
いつでもできるから、今はいいや、と思いがち。

身に覚えのある方も多いでしょう?

当然ですが、
ノウハウを知っていても女性は近づいては来てくれません。
出会うためには、必ず行動が必要です。

特に出会いとなると、結局は、「確率論」です。
出会いの数が多ければ、それだけ素敵な女性に出会える可能性が広がります。

ここでは、出会う確率を上げるには、について考えてみましょう。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain複数の女性の知り合いを作ること

そもそも、出会いがないと言っている人には、二つのパターンがあります。

一つ目は、本当に女性と知り合う機会のない人、
もう一つは、女性の選り好みが激しく、自分の好みの女性に出会えていない人です。


前者の「女性と知り合う機会がない」のであれば、
女性との出会いを増やすしかありません。
出会いの場に出向き、知り合いを作りましょう。

知り合いの女性が少ないと、やはり自分のターゲットとなる女性の数も減りますし、
そこから両想いになれる女性は、もっと数が減ってしまいます。


女性にも好みがあるので、ダメな時はダメと諦めて次に行く必要があります。


出会いを確率論と呼ぶのは、
女性の知り合いが多いか少ないかで付き合える可能性が変わってくるからです。
少しでも多くの女性と知り合った方が、両想いになれるチャンスは多いのです。

後者の「女性の選り好みが激しい」人は、好みの偏りを修正した方が良いでしょう。
選り好みをするだけで、出会いの確率は下がってしまいます。。

好みが狭い人は、大抵、自分の対象外になった人に興味は抱きません。
好みじゃないからいいや、と思って放り出し、その女性のいいところを見逃しているのです。
探せばたくさんあるのに、その人の良いところには気づけず、
出会いがないと嘆き続ける羽目になるのです。

好みの修正は可能か?ということですが、
好みは段々と変わっていくものなので可能です。
極端な話、高校生の頃、30代の女性タレントに魅力を感じたでしょうか?


恐らく、ほとんどの人が雑誌に載っているグラビアアイドルに目がいって、
話題にもならなかったでしょう。

しかし、30代になると、30代同士のお付き合いは普通ですし、
反対に年下の女性とは会話が合わずに、付き合えないなんて感じることだってあります。


どうして好みが変わっていくのか?
これは、その時々で、いいと思うところが増えていくからです。
自分の好みに囚われず、良いところ探しをすることで好みの幅も広げることがです。

今又は前に付き合っていた女性も、出会ったころから好きだったか?と聞かれると、
何も意識してなかったとか、むしろ第1印象は良くなかった、という男性もいるはずです。




f:id:t-dicek:20140920092713p:plainグラビアアイドルの写真を見る時も…

男性であれば、
グラビアアイドルやセクシーアイドルの写真や動画を見ることは多くあるでしょう。
この時も自分の好みな女性を見るだけでなく、対象外の女性も見るようにしましょう。


単純に、グラマーなアイドルが好きなら、スリムなアイドルも見てみましょう。
女子高生が好きなら、大人の女性も見てみましょう。
キレイ系が好きなら、かわいい系の女性も見てみましょう。


人は環境に合わせて対応し、
変化するもので、女性の好みについても同じです。
自分の好みの範囲が広くなれば、
街で自分の好みの女性に出会う確率は、当然ですが、増えていきます。


自分から可能性を減らすことはやめましょう。