読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

初デートはランチデート、日が沈むまでにサヨナラをする

女性心理 女性心理-デート

http://www.flickr.com/photos/57413424@N00/9440383
photo by dannyman

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain最初からセレブデートは禁物?

男の特徴であり、恋愛において欠点になりやすいのが「見栄を張る」ところ。
これは、初めてのデートに誘う時にも、如実に表れてします。

ランチの女王 DVD-BOX

ランチの女王 DVD-BOX



「最初のデートだからバシッと決めなきゃいけない」と、妙に肩に力が入ってしまうのです。
「彼女を喜ばせるために、まずはここに連れてって、こんな会話をして、次はあそこに連れて行って、最終的にはロマンティックなムードにして、、少しぐらいお金がかかってもいいか!」

一生懸命デートプランを考えて、相手を喜ばせようとしていることは微笑ましい限りです。
しかし、このような「セレブデートプラン」をいきなりぶつけてしまうのは、非常に厄介。

たしかに、お金をかけてもらって悪い気のする女性はいないでしょう。
ただ、どうも堅苦し過ぎます。

しかも、こういうプランを立てる人は必ずといっていいほど高級ディナーの連続ですから、女性は身構えてしまいます。

例えば、このようなケースが見られます。
お目当ての彼女との初めてのデートです。
19時に待ち合わせて、高級フレンチのレストランでの食事。
ワイン片手にジェントルマンな雰囲気を見事に演出でき、話も弾みます。
やがて夜は更け、21時過ぎに、レストランを退店することにした2人。
今日は金曜日で、彼女も明日は休みのはず。

1軒だけで帰すのは失礼に当たるかもしれないから、やはりここは2軒目も誘うべきだろう。

そう思った貴方は、こう言います。

「あの、もう1軒行きませんか?」
しかし、彼女から予想外の答えがー。

「えっ、もう1軒ですが。。ごめんなさい、明日の朝早いからまた今度にしてください。」


当然ゴリ押しなどできるはずもなく、「そうですか」と返事したもののギクシャクしてまい、そのあとは話も盛り上がらないままサヨウナラ。

この時の彼女の気持ちはズバリ、「もしかして、いきなりそういうつもりなの?」と警戒モードに入っています。
だからこれ以上一緒にいることを拒んだわけです。

やっとの事で実現した最初のデートがこんなことになってしまったら、せっかくのセレブプランも水の泡。
大金を投じたのに、結果的に「手に入れたのは彼女の警戒心だけ」というお粗末な結果になりかねません。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain1対1の時、女性は強い警戒心を抱く

女性は、あまり知らない人と接する場合、相手に対して「危険なことは起きないだろうか?」と常に身の安全を考えるものです。

その理由として、一般的に女性は男性より力なのないことが挙げられます。
万が一、暴力に訴えられたり、強引に何かされたりした場合、女性は抵抗できるかどうかわかりません。
そのため、女性は男性に比べて強い危機意識を持っているのです。

したがって、まず女性の警戒心を解かなくては、いくらデートにこぎつけたところで恋愛に発展させることは難しいのです。

コンパで知り合った相手から初デートに誘われたケースなどであれば、女性はかなり危険に敏感になっています。

「コンパと違って今回のデートは1対1。何かあっても誰も助けてくれない。」
「時間が遅くなったら、帰してもらえなくなるかもしれない。」
「油断したスキに、変な場所に連れて行かれるんじゃないか」

こういったことを女性は考えているのだと、常に頭の中に叩きこんでおきましょう。


f:id:t-dicek:20140920092713p:plainランチデートで「安全」を意識させる

だからといって、女性に警戒心を抱かせないよう、丁重になりすぎるのも考えもの。
常に、「警戒されていないだろうか?」ばかり気にするようになって、楽しい時間を演出できず、その結果、女性がデート自体を楽しめなくなってしまうからです。

ですので、知り合って時間が経っていない場合に大事なのは、「彼女の危険信号を刺激しないデート」をセッティングすること。

そのための3つのポイントは次の通りです。

・ランチデートを提案する
・デートのプラン自体を先に言っておく
・帰る時間をあらかじめ伝えておく

「ちょっと待ってよ!ランチデートだなんて、そんな安上がりでいいの?」
と思うかもしれません。
安くすんでいいじゃないですか?笑

「でも、ロマンティックな雰囲気には持っていけないじゃないか!」
と思った貴方。

質問です。

最初のデートから、彼女がロマンティックな雰囲気を求めると思いますか?

彼女のためを思って行動することな否定しません。

しかしながら、3つのポイントを守ることで、彼女が危険を意識することなく、デートを楽しめるようになるのは間違いありません。

「デートが、ロマンティックでムードのある展開」と考えるのは、男の欲が先走っているだけ。

その点、ランチから始めれば、日中の明るさや利用して、「健全な関係」であることを印象付けられるのです。


このように、デートに誘う段階で「安全性」を保証しておけば、彼女がデートの誘いにOKを出してくれる可能性もアップします。

「デートの終了時間を指定しても、もっと一緒にいたくなることだってあるじゃないか」と疑問が湧くかもしれませんが、大丈夫。

そのような雰囲気になった時には、自然の成り行きでうまくリードできます。

目と目で通じ合う、というと言い過ぎかもしれませんが、その雰囲気は、お互いの空気や言葉の端々に顕著に表れるはずです。

そこで、なんとなく「もっと一緒にいようか」となるのです。

何はともあれ、ポイントは、彼女に「安全」を意識させること。
デートを成功させるためのプランは、太陽の下で練ることにしましょう。