読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

彼女に伝わるように話す、それでも難しい会話の基本

女性心理 女性心理-会話

http://www.flickr.com/photos/46944516@N00/9587659058
photo by pedrosimoes7

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain疑問符「?」のなぞ。

女性は、付き合った前も後も、しょっちゅう好きになった男性のことを考えます。
仕事をしている時も、友達と遊んでいる時も、頭の片隅には好きな男性、彼氏のことを考えています。

そして、次のようなことを考えます。

恋 空 プレミアム・エディション(2枚組) [DVD]

恋 空 プレミアム・エディション(2枚組) [DVD]

「今日のデート、私は楽しかったけど、彼はどう思ったのかな?」
「彼は私のことをどう考えているんだろう?」
「彼は、今、何を思っているんだろう?」

ここで、気づいた点。
すべてのセリフの後には?が付いていることです。
つまり、彼氏の気持ちを知りたいという願望がある、ということです。

男性にも同じような願望はあると思いますが、それは一人の暇な時間の時だけ、という人がほとんどです。
男性は、いざ、仕事に集中する時、気持ちの切り替えがうまくできるからです。

しかし、女性の場合は、得てして気持ちの切り替えがうまくできません。
そのため、彼氏は彼女の疑問に答えてあげられないと、彼女はずっと同じことを考えてしまうことになるのです。
自分の思いや考えを折あるごとに伝えなければなりません。

適当に受け流していると、彼女の頭の中には、?マークの疑問で溢れかえってしまいます。
そうなってしまうと、彼女は貴方に、不信感を抱き、悪影響を及ぼすことは目に見えています。


f:id:t-dicek:20140920092713p:plain重い女を作ってしまうのは彼氏

しかし、男性には、「相手に気持ちを伝える文化」がありません。
「気持ちも大切だけど、結局は結果」
「付き合っているんだから、好きだということだろ」と。
言葉や確認に頼らない愛情の理解の仕方を男性は許容します。

ところが、女性としては、気持ちが伝えられなければ不安になってしまいます。
不安になってしまうから、何度もしつこく彼氏に気持ちを聞いてくるようになります。

ここで、いわゆる「重い女」が作られてしまうのです。
彼女は、貴方が自分の気持ちを伝えないから「ねぇ、私のこと本当に好きなの?」と聞かなければならいないのです。

しかし、男性は、「重い女」をうっとおしく感じてしまいます。
ただし、男性は「重い女」を作っているのが自分だという認識を作らなければなりません。

女性は相手の気持ちを感じることで、相手の存在を感じます。
これは付き合う前も、付き合ってからも変わりません。

彼女をさみしがらせないこと、彼女を重い女にしないこと。
彼女が好きならば、この点には注意が必要です。

そうしたコミュニケーションをとる時に気を付けなければならないのは、「相手に伝わるように話すこと」です。

女性は男性以上に相手の感情を大切にします。
女性は相手の感情を知ることによって、相手の置かれている状態や、自分が相手にとってどういう存在かを把握するのです。

だから、彼女は「好きと言ってほしい」と彼氏に言います。
しかしながら、男性は好きに理由は必要で、さらに気持ちを表現することが苦手です。
そして、言葉よりも態度を重視します。(女性にもこの点については理解してほしいと思いますが。。。)

男性にとって、言葉は「軽い」のです。
言葉で示して相手に伝える方が重要だという考えがあるからです。

だから、男性は態度ありきの表現となるので、なかなか好きとは言いません。
しかし、女性は、態度のことはもちろん、同じくらいに言葉を重視します。

女同士でも、友達が髪型を変えたら、「髪型を変えたんだ、かわいいねー、似合ってるよー」と、とにかく口に出して表現します。
愛情をコミュニケーションという手段で表現するのが女性です。
だから女性は、男性に言葉でのコミュニケーションを求めます。

態度で示し、さらに言葉も加えれば、彼女は大いに喜んでくれるでしょう。
仲のいいカップルや夫婦は、男性が毎日のように「かわいいね」とか「好きだよ」という言葉を女性に伝えていたりします。
毎日のように愛情を言葉で受け取ると、女性もまた愛情を返そうとするので、ずっと仲の良い関係が続くのです。

不思議なことに、素直な気持ちを言葉にして伝えるだけで心が通い合い、2人の関係はどんどん良くなっていきます。
貴方も、面倒くさがらず、恥ずかしがらずに、言葉で愛情を伝えるようにしましょう。