読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

男性は結婚すると成功しやすい

結婚の話 結婚の話-円満

http://www.flickr.com/photos/32745559@N05/3633932404
photo by Arrtem

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain嘘?本当?守る人がいるから強くなれる。

映画やアニメで「守る人がいるから男は強くなれる」という言葉を残すヒーローがいます。
実はこのセリフ、本当に深い意味があります。

さて、貴方は、何かで成功を勝ち取ろうとしたとき、どんなことを考えるでしょうか?
「A社のあの仕事は絶対に取りたい。それにはプレゼンの方法を変える必要がある。まず、Bさんを引き抜いて・・・、次に、商品のキャッチコピーは、Cさんに・・・」
「次の試合は絶対に勝ちたい。優勝しなければ意味がない。今日からジョギングと素振りをしよう。」


いま、会いにゆきます スタンダード・エディション [DVD]

いま、会いにゆきます スタンダード・エディション [DVD]


男性は「成功するために、自分のやるべきことを思いっきり集中して実行する。」という、とても分かりやすい結論を導き出す傾向にあります。
例えば、ビジネスの世界は、「経済性」で考えられます。

今よりは稼ぐには、今の仕事のムダな部分を切り捨て、価値を生み出す仕事のみを集中する。
これが経済性の重視した結果、現れる現象です。
不況になると「過剰な人員」が無駄になるからと、人員を切り捨てる企業も出てきます。

無駄がなくなれば結果が出やすいという考えがからです。
人員を切り捨てると人件費が削減されるので、実費負担が減り、黒字に転換されやすくなります。

こうした世界で生き、仕事に本気で取り組んでいる男性は、ビジネスの世界で成功するために、効率性を重視しています。
時には、寝る時間や遊ぶ時間、果ては自分の部屋を片付ける時間すら削って働きます。

そんな毎日を送っていくうちに、つい「いらないものを切り捨てること」を、ビジネス以外のシーンでも実践するようになってしまうのです。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain経済性の失敗

ところが、恋人や夫婦の付き合いの場合、「経済性」とは違う次元の考え方が存在します。

例えば、花を渡す行為は「経済的」には無駄な行為です。
花よりも、本や食べ物を渡す方が実用的で「効果的」です。

ところが女性は、本や食べ物より花を貰う方が、嬉しいと感じます。
一定期間を過ぎると枯れて消えてしまうのに、喜ぶのです。
この一見、無駄と思える行為の積み重ねが、付き合いの本質です。

しかしながら、仕事をバリバリやり始めた男性は、考え方が経済性の論理に支配され、こうした無駄なことをしないようになります。
それどころか、経済的には「無駄な時間」であるからという理由で「お付き合い」にかける時間すら、どんどん削るようになってしまいます。
「仕事なんだから仕方ない」「今日、無理して会う必要はない」などと、男性の理屈で判断してしまうのです。

そうなると、恋人または夫婦の関係は危機にさらされます。
女性からすると「2人で一緒の時間を過ごし、コミュニケーションを取って愛情を感じ合いたい」と思っているのに、男性にはその気がない。。。
それを感じて「じゃあ、いったいなんで付き合っているの?」と不満と不安で、女性が幸せな気持ちになれなくなってしまうからです。
経済性や効率を無視して、相手に向けて浪費するからこそ、相手はその気持ちに感動し、温かい気持ちになるのです。

つまり、カップルの間を「経済性」というモノサシで測ることは、プラスにはならないのです。
「働く時間を彼女のためにも減らしてみた。」「そうすると、急に物事がうまく進むようになった。」
この手の話は世の中に多々とあります。

自分1人だけで成功したい場合は、全てをなげうって働くことで実現可能です。
それが、2人での成功になると、まったく方向性が変わるのです。

2人の場合は、「相手のことを考えられる程度の時間を確保する」ことによって、余裕が生まれ、「相手のことを考える」ことによって、自分の視界も広がります。
彼女の存在があることで、効率重視の偏った視点から抜け出せ、余裕を持つことができる。

そう言っても過言ではないでしょうか?

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain2人だからこその成功哲学

ビジネスの世界のルールは、「経済性」だけではありません。
もう一つ、「お金は外部からしか入ってこない」というルールもあります。

成功するためには、外部からお金を手に入れる必要があります。
パートナーに目を向ける余裕を持つことによって、自然と「外部の人の考えを知る」トレーニングにもなっています。
これは実に大切なことです。

効率性の追求という自分の「内部」のみで処理する考えから、自分の外部まで含めた広い範囲に広げて考えることができるからです。
この結果、外部に対して新たな価値を生み出せるようになり、ビジネスがうまく進むようになるものです。

彼女と一緒にいることは決して効率的な生き方ではないでしょう。
でも、成功を収めるために大切なパートナーを失ってしまっては、幸せになれません。
パートナーはより大きな成功を与えてくれる存在です。
つまり、パートナーを失ってしまっては、幸せも、自分の成功も失ってしまうことになるのです。

人は人との関係性が1つ増えると、自分の立ち位置や世界が変わります。
「自分から相手に目を向ける」という、難しいけれども大切なことができ始めた時こそ、自分の世界が大きく変わるときなのです。

彼女との付き合いは、男性が見落としやすい、人生は効率だけでは解決できないことを教えてくれ、貴方の世界を広げてくれることを、忘れないでください。



f:id:t-dicek:20140920092713p:plainパートナーと一緒にいる時間を増やすのが結婚

当たり前のことですが、彼女、パートナーと一緒にいる時間を増やせるのが結婚の一番良いところです。

家に帰れば好きな人がいて、話ができる。
ずっと続けて欲しい、守りたい幸せな時間であり存在なのではないのでしょうか。
「守るべき存在」というと、一見「お荷物」のように感じてしまうかもしれませんが、実際は今まで見てきたように貴方の成長・成功を助けてくれる大切なパートナーです。

効率性という呪縛から貴方を解放してくれ、貴方を強くしてくれるのか、妻という存在であり、結婚なのです。