モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

彼女の相談に答えを急いではいけない、女性は話を聞いて欲しいだけの時もある。

http://www.flickr.com/photos/72098626@N00/2772452526
photo by Ed Yourdon

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain女性はただ話を聞いてほしいだけ

女性同士の会話、特に愚痴の言い合いでは、彼氏の話がよく出てきます。
彼氏に何やら、相談を持ち掛けたのかだが、逆に説教されて、自分の気持ちが分かってこれないと腹を立てています。

巷で巻き起こされるガールズトークですが、彼氏の愚痴の定番は、彼氏に説教されたといった内容です。
会話の後では、必ずこう付け加えられるでしょう。


「話を聞いてほしいだけなのに、どうしてできないんだろうね!?」

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain男はついついアドバイスしてしまう。。。

女性から相談を受けることはあると思いますが、その時の態度を思い返してください。
きっと、この項を読み終えた時には、背筋が寒くなっているはずです。

女性はたいてい、「話を聞いてほしい」から相談しているもの。
ところが、男性は「相談」をされるとどうも勘違いしてしまう生き物です。

「相談してきたということは、問題に対して自分で答えるを見つけることができないんだな」
「何かいい解決策を知ろうとして、俺もアドバイスを求めているんだな」
と思っています。

実は、この男性の思い込みがすべての間違いです。

女性は相談を「話を聞いてもらう場」と思っていますが、男性は相談を「アドバイスをもらう場」と考えています。
だから男性は、女性に相談されるとアドバイスを返します。
話を聞いてほしい女性にとって余計なお話で、しかも説教まではいってしまっては目も当てられません。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plainアドバイスをするな!

もっとも、女性の大部分がそうした男性の特徴を知っています。
だから、恋愛経験が多い女性であれば。「相談させて」ではなく、「話を聞いてほしい」と話し始めたり、「ちょっと愚痴を言わせてね」と前置きをしたりします。

しかし、付き合い始めたばかりの頃は、なかなか「愚痴を言わせて」とは言いにくいものです。
「相手がめんどくさくなるのではないか?」と気を遣ってしまうからです。

ですから男性は、女性から相談を受ける時は、「相手が直接アドバイスを求める発言をするまでは、絶対に意味のある発言はしない」ことを守らなければなりません。
「相談」についてこの考え方の違いは男女が長く付き合っていくと、必ずどこかでトラブってしまうことの一つ。

男性としては、真剣に相談に乗って、一所懸命に考えてアドバイスしているのに、「でも」とか「だって」を繰り返すだけでなんの解決にもならないんじょないか、思ってしまいます。
そのうちにイライラしてきて、「だったら相談なんかしなければいい」と思うようになるかもしれません。

しかし、「なんのアドバイスもしなくてよい」のです。
大部分は女性側が自分で回答を持っています。
その上で、問題の発生から結論までのプロセスに対して自分が思ったことを、誰かと分かち合いたいと思っているだけなのです。
つまり、共感が欲しいのです。

それなのに「相談⇒アドバイス」の繰り返しなってしまうと、女性は「私の話を全然聞いてくれない」と思い、男性に対して不信感を抱くようになります。
その責任は女性が「甘えているから」ではありません。
男性が「わかってないから」です。

だから貴方が相談された時には、何か言いたくなっても我慢して聞く。
これに徹してください。



f:id:vordt18:20131106235809j:plain「大丈夫だよ」は禁句。

女性が悩み事で相談した時、「大丈夫」と言ってしまうことがあります。
励ましたり、安心させたりするために言うものですが、これもあまりいい対応ではありません。

考え見てください。
貴方が彼女に悩み事を話した時、彼女に「分かった、でも大丈夫だよ」と言われても、全然嬉しくはないと思います。

逆に、「君が何が分かるんだよ。どこが大丈夫なんだ?よく知らないくせに大丈夫なんて言うなよ」と、逆切れするかもしれません。

そもそも異性を励まとしたり、アドバイスをすることは非常に難しいことです。
貴方の友達が悩み事を言ってきた時は、そんなの「たいしたことないって」と言って、相手の悩みが深刻なものではないことを強調し、気持ちを軽くしてあげようとするでしょう。

その上で、「君なら、そんな問題は乗り越えられることができるはずだ」と相手を励まし、前向きな気持ちになることを勧めます。
男性の場合は、そうした言葉がきっかけで立ち直ることができるようになります。

一方、女性同士の場合、誰かを励ます場合には、「それ大変だったね」とか、「分かる、分かる」と、相手の気持ちを汲み取ろうとします。
女性は相手の経験したことを認め、そこから発生する感情に共感することでモチベーションを取り戻そうとするのです。

励ましのジャンルは大きく分けてこの二つしかありません。
それが男女で見事に分かれているわけです。

では貴方は、彼女が悩んでいて、そのことを相談してきた場合にどんな対応をとるべきか。

応えは簡単。
アドバイスはせず、自分の意見を言わず、よくわからないのに「大丈夫だよ」とも言わず、もちろん説教もしないことです。

アドバイスが必要な場合は、女性から「貴方だったりどうする?」と具体的な方法の提示を求めてくれるでしょう。
そのときに初めてアドバイスをすればよいのでしょう。

基本姿勢は、ただただ「辛かったね」と「そうなんだ」の二つ。
相手の気持ちを受け止めようとすることが肝心です。