読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

女性と男性の大きな違い、彼女のハッピーサイクルを理解しよう

http://www.flickr.com/photos/119678691@N02/14542104320
photo by be creator

f:id:t-dicek:20140920092713p:plainハッピーサイクルとは?

女性の感情を理解するためには「ハッピーサイクル」を念頭に置く必要があります。
ハッピーサイクルとは、P&Gが提唱した月経周期のサイクルで、女性ならではの感情バイオリズムによる感情サイクルです。

ハッピーサイクルは女性の体調に大きな影響を与えており、次の4つの期間で成り立っています。

そんな彼なら捨てちゃえば? [DVD]

そんな彼なら捨てちゃえば? [DVD]



1.リセット期
2.キラキラ期
3.ニュートラル期
4.アンバランス期

順を追いながらそれぞれの時期の女性の感情を大まかに書いていきます。

1.リセット期(月経)
ハッピーサイクルは、まず月経の始まりとともにスタートします。
女性は月経が始まると、最初の2、3日は貧血気味になったりして、体内の様々なバランスに変化が起き始めます。
それがもとで、感情の安定にもバラつきがみられます。
これは恋愛心理と言うよりも、いい大人であれば誰でも当たり前に知っていることだと思います。
貧血気味になると当然、疲れやすくなります。また、非常に気がたってしまう状態になるので、疲れがそのまま不満になりやすいのです。
この時期の女性は、ただでさえ怒りっぽくなっています・
だからわざわざそんな時にデートして、自ら怒られるような状況を作ることはありません。
リセット期に配慮して自宅でゆっくり過ごすなど、環境面での配慮をしてあげられるのが賢い選択と言えます。

リセット期からキラキラ期の過渡期になってくると、女性は不満からこまやかさが表に出てきます。
頼みもしないのに部屋の掃除を始めたり、かいがいしく男性の世話をしたりするようになります。
感情も落ち着いてくるので分かりやすいでしょう。

2.キラキラ期
さて、リセット期が終わると、今度は女性の中のエネルギーが溢れてきます。
やる気がみなぎってきて、「私、今日ならなんでもできるかも!」といったテンション高めな気分になり、挑戦的かつ積極的な面が表に出てきます。
いわゆる躁状態に近い状態で、例えば仕事で嫌なことがあったとしても気にしなくなるのです。
貴方との関係でトラブルが発生したとしても、前向きに解決に取り組んできますので、貴方にとってはこんなに有り難い時期はないでしょう。

3.ニュートラル期
何に対しても意欲的なキラキラ期が過ぎると、今度はニュートラル期に入ります。
この時期は春夏秋冬の季節で言えば、秋。
夏の喧騒からだんだんと落ち着いた秋のように、少しセンチメンタルな気持ちになっていきます。
恋愛においても同じ傾向で、貴方とワイワイガヤガヤと遊びまわることよりも、相手との体温が分かるような、しっとりとしたデートを楽しみたいと思う時期になります。
ロマンチストな男性はこの時期にゆっくり2人で語らうことで、愛情を深くもつことができるでしょう。

4.アンバランス期
ロマンチックなニュートラル期も長くは続きません。
いよいよ極寒の真冬の訪れです。
キラキラ期前になると、女性はイライラしたり、落ちこんだりと、非常に不安定な感情を持ちます。
「一緒にいたい」とわがままになったかと思えば、急に「一人になりたい」と相手を突き放したりします。
一人になりたいと言ったから、デートを早めに切り上げたりすると、今度はすごく寂しいと訴えかける女性もいます。
貴方にとってはまさに訳が分からない時期です。
山の天気のように先が読めないのです。
これはPMS月経前症候群)が原因です。
体調が優れない、体がだるいといった体調の変化、気持ちの沈み方はPMSに影響を受けているので、貴方はいたずらに不安を感じる必要はありません。
むしろそこで貴方がイラついてしまった方が、女性を疲れやすくしてしまうので、注意が必要です。



f:id:t-dicek:20140920092713p:plainまとめ

このように女性の体調は何かと大変ですが、それぞれ4つの時期の過ごし方を覚えておくと、1か月単位のデートプランも立てやすくなるでしょう。
彼女の心理的なケアも目途が立ちやすい。

ただし、ハッピーサイクルは個人差が大きい。
この個人差は相手と付き合っていくうちに、彼女と付き合っていくうちに学習しなければなりません。
たまにはリセット期やアンバランス期が長くなってしまうこともあるでしょう。
ですが、何日か経てば時期に終わります。
あれこれ考えず、腰を据えて待ってください。

月ごとの体調変化がない男性だからこそ、日々目まぐるしく体調が変化する女性をサポートできるからです。