モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

彼女のために会話する時間を作れる彼氏になる

http://www.flickr.com/photos/93963757@N05/8550837719
photo by LyndaSanchez

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain彼女目線の理想の彼氏像

男性のみなさん、貴方が考える理想の彼氏像を考えてみてください。

少なくとも5つ以上。

貴方は理想の彼氏になりたいと思ったとき、それは貴方の彼女にとっての理想の彼氏に当てはまるのかってところ、を気にしてください。


f:id:t-dicek:20140920092713p:plain心から分かち合えることを望む?

居酒屋で女性と飲んだとき、理想の彼氏について、話をすることもあります。

よく聞いた理想の彼氏のポイントは、次の4つです。

頼りがいがあるところ
経済力があること
尊敬ができること
気が合うこと
最初の3つは男性にとっても分かりやすいもの。
今日は、4つ目の「気が合う」ということをテーマに考えたいと思います。

女性は、付き合った男性とはたくさん話し合って心を通い合わせたいと考えると思います。

ところが男性というと、私も経験はありますが、付き合って時間が経つと、「相手のことは分かっているので、特に話さなくても大丈夫」と考えてしまいます。

ここが女性のすれ違う点です。

「女性の理想の彼氏像」は、付き合ってからの方が大切。

長く付き合うほど、女性との会話量が多くなっていくべき。

仮に2〜3日に1回くらい。

たとえ30分でも女性と話す時間を作るべきなんだなと思います。

それは、直接会う会わないは関係ないはずです。

会うのが難しければ電話でもOK,

彼女にとって話すということが、2人の心をつなぐとても大切なもの。

貴方もその時間を大切にしてるということが伝われば、かなりの充足感をもたらすことができます。

この少しの時間を作ることで、理想の彼氏像に大きく近づくことができるでしょう。




f:id:t-dicek:20140920092713p:plain会話の結論を急かさない

男性にとって、女性との会話は思いのほかエネルギーを要します。

しかし、女性にとって会話は、娯楽の一つ。

楽しむものなので、男性のそんな気持ちなど、想像だにしません。

なので、目一杯その日あったことやら考えたことなどを話してきます。

貴方と話ができる嬉しさもあり、なんの脈絡もオチもない話をこれでもかと続けてくるでしょう。

初めは、理想の彼氏になろうとして、

「彼女の愚痴を聞いてあげなくてはいけない」

と考えて、それこそ義務として会話に応じてはいけません。

最後まで通すことができたら、なんの問題もありませんが、だんだんと疲労が増してくることもあります。

こんな時に言ってしまうこと、

「結局は何が言いたいの?」

それを言ってしまったらおしまいです。

女性は「話すために話す」ことがあるのです。

よって、「結局は何が言いたいの?」という言葉は厳禁です。

女性は、毎日一定量の会話をするようにできています。

つまり、女性には会話のノルマがあり、1日の会話量が足りないとストレスが溜まります。

「会話の便秘状態」に陥ってしまうわけです。

結婚後、家に入った女性が帰宅した旦那さんにマシンガンのように話しかけることがあるのはそのためなのです。

女性がマシンガントークを仕掛けてくるときは、その日の会話のノルマに足りていないと判断し、余計な口を挟まず、ひたすら聞き役に徹しましょう。

俺は、マシンガンの的か??と思うこともあるかもしれませんが、その通りです。

これは男女関係を構築していくうえで、避けては通れない宿命のようなものなのです。

女性が勢い良く話掛けてくる場合には、うんうん、と言って聞いてあげましょう。

結論が何かなど気にする必要はありませんし、気にしないのも自分のためです。

女性の気が済むまでしっかり聞き、感情を拾ってあげること。

これができれば、女性が考える理想の彼氏像に近づけるのではないでしょうか