読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

愛情は男性が女性を先行するもの

http://www.flickr.com/photos/15111621@N05/8733004826
photo by Evoflash

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain男性が愛情を感じるとき

恋愛において誰しも思うこと、

それは「この人を大切にしたい、大事にしていこう」ということです。

その人のことを好きになればなるほど、その想いは強くなります。

男性の方が強い、女性の方が弱いなどの違いはありません。

相手を想うということは、男女平等に与えられた1つの幸福です。

しかし、神様はこの幸福感を感じるタイミングについては、少しだけイタズラをしたようです。


男性と女性とでは、相手に対して「この人を大切にしていこう」という愛情が生じるタイミングが違っています。

どのような違いがあるのかを知っておくことで、女性との接し方を間違える可能性がぐっと減ります。

まず、男性が愛情を感じるタイミングは、「女性が喜んだ瞬間」と一致しています。

男性は女性のために何かした後、そのことを喜んでもらえると愛情が湧いてくるという性質があります。

つまり、彼女のリアクションによって愛情を実感するのです。


f:id:t-dicek:20140920092713p:plain女性が愛情を感じるとき

一方の女性は、男性の反応を見て愛情を感じるメカニズムにはなっていません。

男性が何かの行動を起こさない限り、女性からボールを投げて、愛情を深めるということは感覚的にありません。

男性からの行動・プロセスを自分の中で受け止めなければ、愛情が発生しにくいのです。

つまり、男性に何かを先回りして実行してもらえて、初めて愛情が湧き上がってくるというわけです。

例えばこんな時です。

 ☑ビルに入るとき、男性にドアを開けてもらえた。

 ☑歩道を歩くときに、車道側を男性が歩いてくれた。

 ☑なんでもないときに、男性が花を買ってくれた。

 ☑「お腹をすいた」という前に、男性がレストランを探してくれた。

 ☑女性が男性に好きという前に、男性から女性に好きと言ってくれた。

こんなときに女性は愛情が湧き上がってきます。

女性の「愛情認知のメカニズム」は、野球で言うと、男性が先行で女性が後攻の関係です。

一回の表の攻撃を男性が終えなければ、女性の一回の裏の攻撃はいつまでたっても回ってきません。

その繰り返しで、試合は進行してしてきます。

付き合いが長続きしているカップルの多くは、相手の愛情が湧き上がるポイントを、適度なタイミングほどよく刺激しています。

それは計算ではなく、互いを知っていくうえでの直感のようなところが大部分です。

無意識のうちに、そのポイントを掴んだ人もいれば、いろいろ失敗してその経験から掴んでいる人もいるでしょう。

でも初めからそのことを知っておけば、ムダな失敗をしなくて済みます。

タイミングよく彼女の喜ぶような行動をして、2人の関係をうまく築いていきましょう。

彼女の気持ちを離さない方法として、かなり効果的です。