読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

焦ってしまう貴方へ、体の関係を持つ前に告白をすること

http://www.flickr.com/photos/49262125@N07/7996768358
photo by llinddsayy

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain女性は疑っている

告白が先か、それとも体の関係が先か。
このことには、意外と多くの人が悩みます。
結論から言います。

アメリ [Blu-ray]

アメリ [Blu-ray]


成功しやすいのは、告白を先にすることです。
もちろん、体の関係を持つようなムードになった場合には、
先に体の関係を発展させても問題はありません。


女性が体の関係を持ちたいと望むから、
そういうムードがうまれるので、それはそれでOKです。

そんなムードの時に無理に告白しようとすると、
雰囲気が台無しです。


それにしてもなぜ、
「体の関係」より「告白が先」なのでしょうか?


ほとんどの女性は、男性と付き合う時はいつも、
「この人は自分と真剣に付き合う気にでいるのか、
それとも体の関係を持ちたいだけなのか?」と疑問に感じています。
この疑問が解消されないうちは体の関係なんか、と考える女性がたくさんいるのです。

男性は、相手の女性のことが好きであっても好きでなくても
体の関係を持ちたいと思う生き物ですが、多くの女性はそうではありません。
特に自分が望まない時に体の関係を持つと、その気持ちが強くなります。


たとえ好きな相手でも、男性には付き合うつもりがないのに体の関係をもってしまった、
と感じれば「穢された」と感じ、いやな気持になってしまうのです。


そのため女性は、体の関係を持つことに慎重になります。


そういう女性に対して、告白も何もなしで体の関係を迫ると、
本気で「イヤ」と言われて、拒否されてしまいます。

ともすればそこから、2人の関係がギスギスしがちになります。
男性側は女性に「イヤ」と言われてしまうと、
「俺は好きと思われてないんだ」と感じて傷つきます。


一方の女性は、
「告白もしないで、体の関係を欲しがるなんて、やっぱり体目当て」
と考えてしまいます。


そこにすれ違いが起きるのです。
お互いがお互いに距離を感じてしまい、
結果的に付き合うに至らない、となってしまうことが多いのです。

そうならないためにも、
体の関係により先に告白した方がいいのです。


先に告白するとで、女性は「穢される」意識が和らぎ、
両想いの状態で体の関係を持つことができます。


女性の受け入れの態勢を、
告白によって作り出すことができるのです。
女性にとって、告白があり自分がOKすれば、
その時点から2人は彼氏と彼女の関係です。


彼氏と彼女であれば両想いの状態であるので、
体の関係を持って何の不思議でもありません。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain体の関係を持って告白しないでいると

ここで、告白せずに
体の関係を持っていると状態について考えてみましょう。
多くの男性は、女性と関係を持つとそれだけで、
「自分たちは付き合った」という気持ちでいます。


しかし、女性の方は、
「体目当てなのか?それとも付き合っているのか?」が
分からない状態になります。

この状態が女性にフラストレーションを与えるのです。
自分が愛されているのか?愛されていないのか?分からない。
しかも女性にとっては、避妊をしていても妊娠のリスクを負わされます。

そんな状態で、男性を受け入れているのですから、
フラストレーションを感じるのも当たり前です。

こんな状態で関係が続くと、彼女のストレスが溜まり、
どこかにそのストレスをぶつけるしかなくなります。
そのストレスをぶつける先は、
彼女の友達かも知れませんし、一緒にいる貴方かもしれません。

それもこれやで、女性本人だけでなく、
周囲の人にも迷惑がかかります。
だから、本気で付き合いたいと考えいる女性には、きちんと告白してから

体の関係を望んだ方がいいのです。

告白が、彼女の心の平安を作り出し、
体の関係もずっと幸福なものになるでしょう。



f:id:t-dicek:20140920092713p:plain先に体の関係を持って行った場合

ムードのあるところでデートしたとき、
2人の気持ちが盛り上がって体の関係に進む、
ということはあるかもしれません。


それはそれでいいので、
その場合はその2人の正直な気持ちを信じて進めばいいのです。


終わった後に、一言、「付き合おう」と相手に伝えましょう。
たくさんの言葉はいりません。一言でいいのです。


この一言から、2人はれっきとした、彼氏彼女の関係になるのです。
ただし、この一言がないと、女性は盛り上がったムードから我に返って、
「やっぱり体の関係が欲しかったんだ」と考え、ストレスを溜め込みます。


あるいは、「体の関係を持っても、付き合うわけではないから、
他の男性とデートしても文句はないよね」と考えてしまうかもしれません。

「付き合っている状態」とは、
男性と女性が付き合っているとお互いに理解していることを言います。
片方だけ(多くの場合は男性だけ)が付き合っていると思っているだけでは、
付き合っている状態とは言えません。


だから、勢いで体の関係になってしまっても、
付き合っている状態を確認するためにも「付き合おう」の一言は必要なのです。

もし、「付き合おう」と言って、
「いまさら何を言ってるの?」と返されても特に気にする必要はないはずです。
だいたい体の関係をもったあとで、女性がそんな風に言うのは単なる照れ隠し。


実は、喜んでいる可能性が高いのです。
彼女を喜ばすことは、彼氏の務めです。