読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

自慢をする男は嫌われるもの、女性に気に入られたいならば自慢話を控えるべし。

お付き合いの話 お付き合いの話-ケンカ 女性心理 女性心理-ストレス 女性心理-会話

http://www.flickr.com/photos/82795201@N00/270800047
photo by BrittneyBush

f:id:t-dicek:20140920092713p:plainやってしまいがちな失敗

「自慢しない」というタイトルを見てドキッとしてませんか??
男性の女性の前ではとかく自慢しやすいもの。

自分に好意がを持ってほしいが故に、
ついつい自分の話ばかりしてしまう男性がよくます。
自分の話をすることが悪いのではありません。


確かに、自分の話を一切しなかったとしたら、ただの謎の男です。
相手に恐怖心や警戒心を与えてもしまうこともなりません。




ですが、男性は本能的に自分の話をする際、
「単なる自慢話」になっていく傾向が強くあります。
自慢とは、彼女に「素敵な人」と感じてもらいたいための、
いわば背伸びのような行為。


お互いを知り合うための会話には不適切です。
例えば、こんな自慢をして失敗してしまった人が多くいるのではないでしょうか?

A.「この時計、日本に数本しかないんだよね」

B.「俺、有名人の〇〇の友達の友達なんだよね」

C.「最近仕事で、5億円規模のプロジェクトを任されていてね、とても忙しい」

D.「テニスが得意でね、国体に出たことがあるんだよ」

ありがちではないでしょうか?
身に覚えはありませんか?
男性が話す自慢話は、
AやBのような権威的な自慢と、
CやDのような実力的な自慢があります。


特にやってはいけないのが権威的な自慢。
確かに凄いことには違いがありませんが、相手の女性が興味がないと危険です。


「だから何??」と切られてしまうと、元も子もありません。
自分以外のものを魅力的なものを自慢することは、
当の本人に魅力がないことを露呈してしまうことになってしまいます。


当の本人だけがそんなことにも気づかずに、自分の話に酔ってしまう。
どんどん自分を大きく見せたがってしまうわけです。


サル山のボスになりたければこれでよいわけですが、
彼女相手にボスを気取っても百害あって一利なしです。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain自慢を聞いている時の彼女の本音を考えてみる

そんな男性の自慢話ばかりを聞いている時の女性の気持ちを考えてみましょう。
やはり、自慢ばかりになっている男性の好感度は下がってしまっているはずです。

貴方には、彼女は楽しそうに僕の自慢話を聞いていたよ。
という人もいるかも知れませんが、それは大きな勘違いに過ぎません。

先日の記事で、女性は共感を大切にしているので、
女性は男性の話に合わせるのが非常に上手です。
話に聞き入っているフリをしていることが多いのではないでしょうか?


つまり演技です。

こんな悲しくて哀れな話はないでしょう。
それは、その話が楽しいか、そうじゃないかに関係なく、
自分を素敵な人であるかを伝えるために自慢話に頼ってはいけません。



f:id:t-dicek:20140920092713p:plain気に入られたい時こそ自慢を減らす

前日の通り、男性は女性に気に入られたいと思うばかりに自慢話をしてしまうものです。
では、女性に気に入られたいならばどんな話をすればよいでしょうか。

単純ですが、自慢話を我慢することが一番楽です。
自慢話をするぐらいなら、彼女の話に耳を傾ける方がいいのです。
そうすれば貴方のことを共著性のある人と感じてもらえます。

「会話はお互い楽しむもの」
これがデートにおける会話の基本です。

貴方一人が楽しんでいるようでは上手く会話が回りません。
ともに楽しむ雰囲気を作り出すためには、男性側の工夫も必要です。

自慢話を抑える、それは余裕のある男性をアピールできることです。
彼女との会話を楽しむ余裕を持ちましょう。