モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

性格が似ている二人が惹かれあうのか。一緒に生活してくことで似てくるのか。

http://www.flickr.com/photos/43903644@N07/5140213820
photo by Benurs - Learning and learning...

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain似たような性格の人、正反対の性格の人

どんなことに価値観をおくか、どんな生き方をしたいかなど、
いわゆる態度というものが似ているほど親しくなりやすいことが分かりました。
それでは、性格に関してはどうなのでしょう。


いくつかの性格検査を用いて、
見知らぬ人の同士の類似度を比較した研究があります。
それによると、友人同士のほうが性格の類似度が高くなっていました。



また、夫婦の間では、
陽気さ、清潔さ、親切さ、従順さなどの
性格上の一致度が高いことを示す研究結果も見られます。


しかし、このような研究方法からは、
友達の同士の性格が似ているということは分かっても、
はたして似た者同士がひらめきあって親しくなったのか、
それとも一緒にいるうちに似てきたのかは分かりません。



f:id:t-dicek:20140920092713p:plain付き合ってから似てきたのか、似ていたから付き合ったのか

付き合うことによって
お互いの性格が似てくるものかどうか確かめた研究もいくつかあります。
代表的な方法は、付き合っている期間の長さと性格の類似性との相関をみるものです。


その中で、結婚期間の長さと性格
例えば、神経質傾向、自己満足感、優越感などの類似性との相関を調べた研究がありますが、
肝心な相関性は見えていません。


つまり、一緒に暮らしている期間が長いからと言って、
カップルの性格が似ているとは言えないようです。


このように、付き合うことによって
お互いの性格が似ていくるということに関しては、大方の研究結果は否定的です。
それならば、もともと性格の似た者同士が親しくなると言ってもよいのでしょうか。


例えば、次のような研究があります。
大学の新入生に性格検査を実施しておいて、
六カ月後にクラスの中で最も好きな同性3人、最も嫌いな同性3人を選ばせるというものです。
その結果は、類似性の効果を支持するものとなっていました。


六カ月後に親しくなった者たちは、
知り合う以前(入学時)の性格プロフィールが既に類似性を示していました。
つまり、付き合うことによって性格が似てきたのではなく、
交友以前に性格が似ていたから親しくなったということが分かります。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain長く付き合えるのは「態度の似た人」

このように性格の類似性の効果は確かにみられるのですが、
否定的な結果を示すものも多く、態度の類似性と比べるとかなり効果が弱いようです。


例えば、大学寮の新入生に、一学期の5つの時点において、
価値観尺度及び性格検査への記入と他の寮仲間たちに対する
好感度の評定をさせるという研究があります。


それによると、最終的に親しくなった者たちの態度は
類似しているということは分かりましたが、
性格の類似に関しては何ら特徴的な傾向は見られませんでした。


このことは、態度の類似性は二人の関係の将来を予測させるけれども、
性格の類似性からは何も予測できないということを示しています。


態度の一致は、2人が一緒に過ごすためには必要なものでしょう。
趣味が全く一致しなかったり、人間観・社会観がまったく違っていたりしたら、
とても一緒にはいられません。


それに対して、性格の一致はどうでしょうか。


支配欲求の強い人は、同じように支配欲求の強い人とぶつかり合うけれども、
追従欲求は強い人とはうまくいくということがあるはずです。
また、自分の性格の長所を相手も同じように持っているよりも、
相手にやや欠けている方が、得意な気持ちになれてうまくいくということもあるかもしれません。


反対に、自分が持っていない長所を相手が持つ、
ことからくる尊敬の気持ちが両者を結び付かせることもあるでしょう。
あるいは、自分の性格のイヤな面を相手の中に見て、
見たくないものが見えてしまうということからその相手を敬遠することもあるでしょう。


性格が似ていることによって惹き合うこともあれば、反発し合うこともあります。
また、性格が正反対であることによって反発し合うこともあれば、惹き合うこともあります。


それは、性格の側面いよって異なるというのが真実のよう です。
研究者によって取り上げる性格の側面が異なることや、似ていることによって
惹き合う面と反発し合う面が相殺されてしまうことなどのために、
一貫した結果が得られないということです。


2人が暮らすためには、同じ方向を向くことは必要ですが、
必ずしも同じ性格である必要はないでしょう。
場合によっては、正反対の性格の方がうまくいくこともあるのです。