読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

大人男性の敢えて過剰な親切心は出さないマナー

http://www.flickr.com/photos/38100072@N06/4379908310
photo by Leni Tuchsen

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain女性は優しい人が好きです、それは分かっているんですが。

女性は親切な女性が好きだ、ということは皆さんの頭の中にあると思います。ただ、どこまでが親切で、どこまでがおせっかいになるか、その境界については非常にあいまい。

貴方の行動が親切と思うか、おせっかいと思うか、それは相手が受け取りかたによって違い、個人差が大きい部分だと思います。

「女性は彼氏に求める条件として、優しい人と挙げるけど、親切にするとおせっかいだと思われそうで、どこまで親切にしたらいいか分からない。」と言う男友達がいます。そんなことを聞かれても分かりません。

親愛なるきみへ スペシャル・プライス [DVD]

親愛なるきみへ スペシャル・プライス [DVD]


f:id:t-dicek:20140920092713p:plain声を掛ける優しさはあると思う。

強いて、求める絶対の優しさは声を掛けることだと思います。

例えば、一緒に歩いている女性に貴方が優しさをアピールしたいと思って「荷物を持とうか?」と声を掛けたとき、これに対して、その女性が「いいえ、大丈夫です。」と答えたのに、「いいよ、持ってあげる。」と返すのはおせっかいになります。

例えば、自分の荷物を男性に持たせている自分が、周囲からみたらワガママな女性に見えるので、それを嫌がる女性もいます。女性モノの鞄を持っている男性と一緒に歩くのが嫌だと思っているかもしれませんし、ましてそんなに重たくもないハンドバックだったら、そもそも持ってもらう必要がないと思っています。

じゃあ、先ほどの例で貴方の優しさはアピールできていないのか、というとそんなことはありません。
「荷物を持とうか。」と声を彼女を気にかけてくれたことは貴方の優しさです。


ひとまず、声を掛けることで優しさはアピールできます。相手の求めていないことを言っても、それはおせっかいにしかなりません。だから、必要ないって言われたら、それ以上は何もしない。

たとえ、「荷物を持とうか」と声を掛けて、「いいえ、大丈夫です。」と言われたらなんて返すかは、「疲れたら言ってね、代わりに持ってあげるから。」ぐらいでいいです。こんな風に返していたら、本当に彼女が助けてほしい時は、女性の方から行ってきます。貴方から声を掛けてくれたんだから、女性も助けを求めやすくなっていることですし。

要するに彼女の状況をよく観察すること。
ハンドバックぐらいなら、「荷物を持とうか。」なんて声を掛ける必要はありません。
女性がその体で持つには、大変そうな荷物を持っているときに、初めて「荷物を持とうか」と声を掛けるべきです。
極端な例ですが、女性が旅行用のキャリーを持っていて、目の前の階段を上らなきゃいけない、こんな状況の時に声を掛けれればいいのです。断られたら、それ以上をする必要はなく、向こうから助けを求めてくるまで待てば言いわけです。

繰り返しになりますが、声を掛けてあげた、それだけで十分に優しさをアピールできます。
女性は声を掛けてもらえたことで、その女性は貴方に頼りやすくなるので、それだけで十分に優しい男性だと思うのです。
声を掛けてくれる男性、声を掛けてくれない男性、どちらを頼りやすいか、それは簡単なことでしょう。



f:id:t-dicek:20140920092713p:plain相手が何を望んでいるかを、見抜けて本当の優しさになる

荷物を持ってあげることの例に限らず、会話でもそうです。
相手が欲しがっていないアドバイスをあげてしまうのは、おせっかい。

大学時代の女性の友達から、就職活動の一環で参加したある就活セミナーで、数回そのセミナーを受講している男性に懇親会でしつこくアドバイスしてきた、という愚痴を聞いたことがあります。彼は 「医療職を目指すなら、○○のセミナーも受講したほうがいいよ 」とか 「△△の本を読むべきだ」としつこく言ってきたそうです。

彼女は、その男性の勧める話はすでに知っていたし、正直言ってかなり上の能力を持っていたのですが、黙って話を聞いていると 、相手の男性は気持ちよくなったのか、延々とアドバイスを続けたという話です。
(その時は、「その話を知っているから、もういいよ」と言わないその女性にも驚きましたが・・・、その男性が気を悪くしないように言わなかったのでしょう。)

この例から分かるように、やはり、女性に優しくしてあげたいなら、相手に有益なアドバイスなり手助けでなければ効果はありません。そのためにも、その女性が何を困っているかをまず知らなければなりません。つまり正しい情報入手の末に本当に相手のためになることをしてあげられるのです。

しつこいアドバイザーほどうっとしいものはないかもしれませんね。
このしつこいアドバイザ ーのように、たとえ親切心から出たとしても、相手が必要としていないなら、おせっかいにしか過ぎないですね。

正しい情報入手とは、相手を観察することや、率直に質問して聞くことです。
それによって正しい判断をできるのだと思います 。
相手が意中の女性であるがゆえ、いい関係を築きたいと親切心が過剰になり、結果として他人の人生や仕事に傍若無人に首を突っ込むことになるのは、スマ ートな大人の男性ではありませんよね。