読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

視線を避ける女性は、貴方に脈ナシ、脈アリ?

女性心理 女性心理-目線

http://www.flickr.com/photos/36516818@N00/2141447534
photo by mrhayata

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain女性が視線を逸らすといこと。

前回の投稿では、女性から寄せられてくる好意的な視線についてテーマに挙げたので、今日は反対に「女性が視線を逸らすこと」について考えたいと思うのです。

「女性が視線を逸らすこと」理由は相反する二つの理由があります。
それは、相手に怯えている(=脈ナシ)、相手に好意を抱いている(=脈アリ)です。男性からしたら、非常にめんどくさいことに思えてしまいますが、それが女心が複雑である所以です。

正直に言って、結婚したい30代、40代の男性にとって、脈ナシの女性に、いつまでも時間をだらだらと時間をかけるのはもったいない話です。本当はそんな無駄な時間はないはずですし、時間をかけた分、ショックが大きくなってしまい、次の出会いを探すのを躊躇してしまうことを避けて欲しいのです。

一方で、脈アリの女性を見抜けたら、千載一遇のチャンスです。躊躇せずに、アプローチを掛けていくべきです。

私の優しくない先輩 【通常版】 [DVD]

私の優しくない先輩 【通常版】 [DVD]



f:id:t-dicek:20140920092713p:plain自分がアプローチをかけても目を合わせない女性=脈ナシ

好意を寄せている女性に視線を逸らされているとき、本当に辛いですよね。

脈がないことを示す態度は、2人きりになったとき程、顕著に表れます。チェックすべきは、相手の視線の量です。貴方に向けられる視線の量が少なければ、現状を打破するのは、難しいかもしれません。

また、男女の間で女性が男性の眼を見ないこと、「視線をそらすこと」は、その女性がシャイだからではなく、「相手が自分のことを嫌いだと思っているから」だそうです。つまり、貴方が女性と2人っきりだとして、彼女が貴方の方をなかなか見ないのは、貴方に嫌われていると感じているからかもしれません。

自分に対して、悪意のある人の視線は、視線の受け手にとってはとても強いストレス。ストレスを避けるために自然と目を逸らすようになるという理屈だそうです。

やはり、視線を逸らす女性に対して、どんなアプローチを掛けたとしても、邪推されて断られてしまうことがオチでしょう。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plainそれでも諦められないという人は読んでください。

脈ナシの女性を口説く気はないよ、という人は次の見出しに移って頂いて結構ですが、それでも諦められないという人がいれば読み飛ばさないでください。

貴方がアプローチを掛けている女性が、視線を逸らしている場合、その女性が貴方のことを勘違いしている可能性が高いのです。

貴方は彼女に悪意どころか、好意を持ってアプローチを掛けているはずです。もし何か、誤解されていることがあれば、その誤解を解けばよいのです。誤解が解ければ、それまでのアプローチに対する解釈を一気に覆して、関係を進展させることができるかもしれません。


ですが、誤解を解くということは、誤解が生まれた経緯を整理したり、自分の真意を伝えるなど、割と複雑で骨の折れる作業。新たに誤解を生んでしまう可能性もあるので、ここはストレートに言葉で、なぜ視線を逸らすのか?って聞いてみましょう。

そこから、時間を掛けてお互いを理解し合えれば、望ましい関係を築くことができると思います。



f:id:t-dicek:20140920092713p:plain貴方からの視線は避けるが、自分は視線を送ってくる女性(=脈アリ)

さらに、女性の心理では、好きな人に視線を送られた時、自信のなさから、嬉しいけどわざと視線を避ける、避けてしまう「好き避け」という行動をとってしまう女性がいます。

当然、この「好き避け」は、貴方に対する脈アリを示します。先に挙げた例では、比較的に態度は一貫していますが、「好き避け」の時は、避けたり接近したりと、言動に一貫性がないのが特徴です。例えば、貴方が彼女から視線を逸らすと、反対に彼女から貴方に視線を向けてくるなど。

このように視線一つをとって考えても、女心は微妙にして複雑と言わざるを得ません。これら2つを見極めるには、その女性と向き合っていく過程の中で、読み取っていくしかないのです。くれぐれも視線を読み取る努力を怠らないことです。視線から相手の気持ちを推し量ることは、貴方の心にかかる負担を減らすリスクマネジメントです。