読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

朝の挨拶からモテていく!朝は、女性が一番きれいな時間帯!?

女性と会話する話 お付き合いの話 お付き合いの話-デートの誘い

http://www.flickr.com/photos/41693558@N00/6130424823
photo by CottonThread

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain貴方の職場の雰囲気はモテそうですか?

貴方の会社のオフィスの様子はいかがでしょうか。暗くてなんとも爽やかさに欠けるなんてことはないでしょうか?


実は、私が務めている部署は、男性社会で、年齢層が若干高め。20代男性は私一人で、その次に若い男性はもう40手前になろうとしている先輩(ちなみに独身。)であとは、みんな40代から50代のおっっちゃんです。女性社員は20代の女性がたった2人。


まぁ、おっちゃんたちは年が離れている分可愛がってくれるし、新入社員から同じ部署にいるもんで、特に気にはしていなかったのですが、この女性社員二人からしたら私の部署は、恐ろしく暗いらしいです。(言いたくなる気持ちは分かりますが。)

2人曰く、やはり朝が最も暗く感じてしまうらしいのです。寂しい話ですが、私の会社のオフィスでも朝の挨拶なんてほとんどしていませんからね。

とある、男性社員なんていうのは、この2人の女性社員に挨拶を掛けられても、単なる相槌のようにぼそって返すだけ。誰から言われたかも今一つ興味がなく、中には「おぉ」とあくび交じりで答えるだけだそうです。


この時の女性社員2人は内心、「朝から感じの悪いおっさん」とか、「今日は機嫌が悪そうだから近づかないでおこう」とか思うのだそうです。

ティファニーで朝食を [DVD]

ティファニーで朝食を [DVD]

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain爽やかに挨拶のできる男性は意外に少ない

また、他の部署も同じような感じで、若かろうが年配の人だろうが、爽やかに挨拶を返してくれる男性というのは、意外に少ないらしい。


これでは、女性に対してどんな印象を与えてしまうか、分かりますよね。機嫌も良くなさそうだし、その女性(人)に対して興味がなさそう。


よくあるのが、挨拶無しに、「今、少し時間あるか?」とか、「仕事のことで話を聞いていいか?」など重ねてくる人もいます。ついつい、「なんでしょう?」と答えてはいますが、心の中では、きっと「こいつ・・・」とため息をついていることでしょう。


幸い、上の職番の女性社員は職場の愚痴の吐き出し口の一つに私がなっているので、私にはそんな感情を抱くことはないそうですが。少し軽いと言われますが、これも挨拶を毎日交わしているからだそうです。


挨拶をするだけで好感度が上がるのであれば、それはやらなきゃ損だということになりませんか?朝から、ハリのある声を出すのはちょっと億劫かもしれませんが印象は、ぐっと良くなるはずです。


プラスアルファで、女性の後ろから挨拶を掛けるのが良いらしいのです。それは、女性の後姿で判断し、名前を呼びながら挨拶をする必要があるからです。しっかりと「〇〇さん、おはよう」と呼び止めることで、女性はドキッとしますし、振り返って貴方のことを見なければなりません。


この指名方式の呼び止め挨拶は、女性にとって妙に嬉しいそうで、瞳を輝かせながら「おはようございます。」と返してくれるはずです。



f:id:t-dicek:20140920092713p:plain朝のタブーと、ポジティブな自己解釈

ここで、ろくすっぽ挨拶もしない癖に女性をイラつかせる言葉を掛ける男性がいるそうです。

貴方は女性に向かって、「疲れてる?」とか、「昨日、よく寝てないの?」なんて言ってしまったりしないでしょうか。言っている本人からしたら、女性をよく観察して、どこか体調が良さそうにないから、気を配ったつもりで掛けた言葉だと思います。


だけど、先ほどの同じ女性社員2人にとってみれば、大きなお世話というか、絶対に言われたくない一言らしいのです。この言葉を掛けられた時の感情としては、”私の顔がくすんで見えているのか?”“きっとひどい顔をしているに違いない”と落ち込むものだそうです。


朝、挨拶もなしに「疲れてる?」これは地雷です。しかし、朝でも、顔を合わせるなり、それを言ってくる男性はやたらと多いそう。


正直、私たち男性からしたら「なんで?」となります。でも、少し考えたら分かるかもしれませんが、女性の体調は日々の変化が男性に比べて大きい。とてもデリケートです。実際に、朝から元気だって、言える日は月に数えるぐらいしかないんだそう。


したがって、「疲れてる?」と朝から聞いてくる男性は、女性にとってデリカシーのない男性に認定されてしまいます。


じゃあ、挨拶の他にはどんな言葉を掛ければいいのか、という問題ですが、それは天気の話。天気の話はすぐに二人で共感できる、即興性の高い話題。とにかく「今日は晴れて気持ちがいいですねー」「雨が続いて困りますねー」とクッションを置いてから、別の話題に移す方がスムーズに会話が展開されていきます。


そして、たまに、あれいつもと違うなぁと感じたら、「今日は雰囲気が違いますね。」という言葉を掛けてみましょう。髪を切ったのか、メイクを変えたのか、具体的はことに気付く必要はないのです。「今日はいつもと違いますね」って優しい笑顔で声を掛けて下さい、女性の感情としては、「そうでしょう!今日はチークの色を変えたのです。」とか、「そうでしょう!昨日、美容院に行ったのです。」とか、女性の方から、ポジティブに解釈されることが多いのです。


朝のオフィスの女性は、化粧したての綺麗な顔です。もしかしたら女性が一番きれいな時間帯かも知れませんので、褒めるところはたくさん潜んでいるはずです。