モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

彼女を特別扱いをする、彼女は特別扱いが大好き

http://www.flickr.com/photos/93963757@N05/8551939166
photo by LyndaSanchez

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain支えて、支えられて

当たり前ですが、どんなカップルでも付き合いが長くなれば「慣れ」が生じてきます。その「慣れ」というものは、怖いもので時間が経つとだれてきてしまいます。だれてしまうと、相手に愛情を示す機会がだんだんと減ってきてしまいがちです。

一緒に居て当たり前。
付き合っていて当然の関係になってしまうと、2人の仲良し感が薄れてしまいます。その後、倦怠感が出てきてしまい、やがて破局・・・てこともありえなくありません。

しかし、そんなカップルがいるにもかかわらず、色褪せずに仲のいいカップルもいます。

この2種類のカップルにはどんな違いがあるのでしょうか?


それは普段からの愛情表現が自然かどうかのちがいがあるはずです。日常生活の中に愛情表現が組み込まれているか、否か?貴方が彼女と接しているときは、どうか考えてみるのもいいのではないでしょうか?

しかし、愛情表現と言っても、どんな風にすれば良いのか?具体的には・・・どうすれば良いのかについて考えていきます。

カップルが意識せずに自然にお互いに愛情を示す行為、日常の愛情表現には、例えば以下のようなものが挙げられると思います。

手を繋ぐ
相手のバッグを持つ
頭を撫でる...etc
しかし、私がオススメしたいのは、「イスになる」というもの。

別にアブノーマルな意味ではないですよ。「イスになる」とは、ソファーなどに彼氏が先に座り、そこに彼女をもたれかかる状態を作りだすということです。

言ってしまえば、2人でひっついてイチャイチャしてる、だけですけどね。

なぜ、「イスになる」のがオススメなのかと言えば、この状態こそが男性と女性がお互いに愛情を感じる姿勢に最も近いからです。

まず、女性は男性に支えられるのを感じると、相手に対して愛情を感じます。一方、男性は、女性を支えていると感じると、相手に対して愛情を感じます。

つまりは、「支え、支えられ」の形が2人の愛情を感じやするくなるのです。長い付き合いの中では、そんな風に普段から愛情表現を作り出すことが長続きの秘訣かもしれません。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain2人の秘密の愛情表現

ただし、日常生活の中で「イスになる」ことに大きな障害があります。それは、部屋でまったりとしている時なら可能かもしれませんが、外出先では、ちょっと・・・

もう一つ長く続いているカップルの特徴には、外でも上手に彼女をもたれ掛けさせていることもあるわけです。

もたれ方は、カップルによって様々かもしれませんが、さらに「2人にしか分からない」や「他の人には分からない」ことがポイントです。例えば、映画館で映画を見ている時に、肩を貸してあげるなんかも、彼女をもたれさせることも、その一つ。

他には、一緒に満員電車に乗っているときなんかは、他の人と彼女が他の人に押されないようにかばいながら、もたれさせることもできるかもしれません。



f:id:t-dicek:20140920092713p:plainとっておきのスキンシップ

さらに、イスの状態になっていると彼女からマッサージをねだられることも多くなります。

マッサージといってもその種類は様々。単に「肩を揉む」と「足のむくみをほぐす」とか、「頭を撫でる」とか。むしろ愛撫的な要素が強いのかもしれません。

ただし、男性にはその感情が分かりません。
いや、小さい子供は抱きしめられたりすると嬉しそうな顔を浮かべますが、男性は大人になると、抱きしめられたいとか、撫でられたいといった願望が減退していまいます。

これは「テストステロン」という、男性ホルモンの影響です。「テストステロン」とは、行動を促すホルモンのため、「受け身」の願望を減退させる効果があるためです。

女性は、思春期を過ぎてもテストステロンが活発に分泌されることがないため、小さい子供の頃のまま抱きしめられたい願望を残して成長していきます。

女性が抱きしめられたり、優しく撫でられたりすると幸せに感じるのは、このホルモンが作用していないためです。そのため、男性と女性では愛撫されたい願望が大きく変わってしまうことになるのです。

しかも、女性は男性に比べて肌が敏感です。
マッサージで直接肌を触ってもらって、手のひらの亜畳を感じる時、女性は自分の中に貴方の愛情が注ぎ込まれているとような気がすることでしょう。

マッサージと言っていも整体師のように、グイグイ力を入れるわけではありません。力を入れなくても撫でてあげるかまわないのです。

男性は女性に比べて血行がいいので、手が温かな人が多いと言われています。

好きな貴方の温かな手でしてもらえるマッサージは、彼女の中で特別なマッサージです。脳内で手の暖かさは、心の温かさに変換され、格別なものに感じられることでしょう。