読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

”モテた”のは後からついてくる結果物!スラムダンク・藤間健二のさわやかさと闘争心

モテる男性-恋愛映画 モテる男性

Slam dunk―完全版 (#8) (ジャンプ・コミックスデラックス)

f:id:t-dicek:20140920092713p:plainスラムダンクモテキャラ

スラムダンクの藤間健司君は、主人公の属するチームのライバルチームである翔陽高校バスケットボール部に属しています。ポジションはポイントガード、県内で1,2を争うほどの実力の持ち主です。チーム内においては監督兼選手という複雑な役割を担い、絶対の信頼を得ています。

人を動かす!  安西先生の言葉

人を動かす! 安西先生の言葉

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain「しけた顔をするな、海南が見てるぞ」

この藤間君ですが、非常に女の子にモテるキャラです。

作中で他校の試合の観戦に来ていた藤間君ですが、女子から「翔陽高校の藤間さんですが、握手してください」などといわれ、握手された女子は「キャー」と叫んで喜びのあまり帰っていくシーンがあります。

また、私の妻、姉、友人の女性皆が藤間君のことが好きだといっています。

この藤間君がモテる理由となるシーンですが、まず、線の細い体型でありながら海南大付属の怪物牧といつもしのぎを削っています。結果はいつも牧が勝っているにも関わらず女性の人気は圧倒的に藤間君が勝っているのです。

さわやか系の男性がごつい相手に対して一歩も引くことなく戦う姿に女性は惹きつけられるのです。

また、主人公の属する湘北高校と対戦した時に、味方がピンチに陥る場面で藤間君が登場、コートに入り、メンバー全員の尻をはたき、「しけた顔をするな、海南が見てるぞ」と激励します。

その結果火のついたメンバーが勢いを取り戻します。また、その後もヤンキー上がりの桜木花道に対しても少しも恐れることはありません。さわやか系でありながら、自分よりも大柄なチームメイトをしっかり導くことができ、相手に委縮することもありません。

さわやかであるだけでなく、その強さとリーダーシップを垣間見られるこれらの場面で、女性は魅力を感じ取ります。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain藤間が髭を生やし始めたら・・・

藤間君がモテる理由というのは、まずはそのさわやかさと清潔感でしょう。

藤間君の人気を見るときに、女性がいかにこの2点を重視しているかということが分かります。

スラムダンクの続編といわれている黒板漫画で少しだけ藤間君のその後が出ていますが、何と藤間君がひげを生やし始めます。それを見た後輩が「こんなキャプテンやだー」といって逃げ出すシーンがコミカルに描かれています。女性読者の気持ちを上手に表現した場面とも言えます。藤間君が清潔感を捨ててはいけないのです。


また、線が細いのに、強い闘志を持ち合わせているというギャップも女性を惹きつける要因となっています。仮に海南の牧や、湘北の赤木が同じことをしても人気はさほどでないと思います。闘争心と見かけのギャップがないからです。モテるということとギャップということは切っても切れない関係にあります。

それと、女性本能をくすぐる時折見せる寂しさもモテる理由です。敗退が決まった後、湘北と海南の試合を見に行かないのかと尋ねられるシーンで「見たくはない、海南の勝利も敗北も」と言い放ち去ってしまいます。エリートの様で数多くの挫折を経験している彼だからこそ出せる寂しさだといえます。こうした姿は女性の母性本能を刺激し、強く惹きつけるのです。



f:id:t-dicek:20140920092713p:plainモテるという結果は後からついてくるもの

藤間君に学べる点として、強いモチベーションを持つ男はモテるということです。

海南の牧に何度も敗北を屈しながらもあきらめずに立ち向かっていく姿に人は「次は勝ってほしい」思いますし、応援もしたくなります。

結論から言えば、別に勝負に勝てなくても、失敗してしまっても良いのです。
勝者の牧より敗者の藤間君に女性人気が殺到していることからすればそのことが分かります。ですから、必ずしも勝者になる必要はありません。


ただ、自分が取り組んでいることに対する強いモチベーションを持ち続けることができるようにするための努力を惜しまないでください。モテるという結果は後から必ずついてきます。

失敗してしまったとしても、モテるという観点からすれば、決して失敗ではありません。藤間君が敗北のあとに見せた寂しさが女性をグッと惹きつけたように、失敗による寂しさは女性の母性本能をくすぐります。「なんだかほっておけない、この人には私がそばにいない」相手は思うのです。

これは理屈ではありません。女性の本能なのです。ただ、この寂しさは意図的に作り出されたものであってはなりません。女性はその辺は敏感に見分けることができます。物事に対して真剣に取り組んでいるものだけが醸し出す本物の寂しさが、女性を惹きつけるということを覚えておきましょう。

また、ルックスは人により異なりますが、藤間君からわかる点としては、清潔感は絶対だということです。これは意識次第でどうとでも改善できますから、まずはここから努力してみましょう。