読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

ツンデレよ、「何やかんやでお前が好きだ!」と態度で示せ!「のだめカンタービレ」の千秋

のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain俺様、気質ですが・・・

のだめカンタービレ」の主人公の一人である千秋真一は、指揮者を目指す成績優秀の音大王子様。そのルックスから想像できない「俺様」気質の持ち主ですが、問題児「野田恵(通称のだめ)」と出会い、自らの才能を開花させるとともに、不思議な演奏をする彼女に惹かれていきます。

のだめカンタービレ(1) (講談社コミックスキス (368巻))

のだめカンタービレ(1) (講談社コミックスキス (368巻))

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain行動の緩急がいいです。

千秋のもっともモテると思ったシーンは日本編のクライマックスです。

集大成とも言えるピアノコンクールに敗れたのだめを追いかけて、彼女の実家がある九州まで駆けつけ、何も知らずに川岸を歩いているのだめを背後からギュッとするところです。

「俺と一緒にフランスへ行かないか?」と告白にも等しい気持ちを絶望感丸出しののだめに一蹴され、それを根に持ちながらも、やっぱり彼女を放っておけなかった優しさにキュンとした女性は多いはずです。

自分に厳しい千秋がここまでしてくれるのは、素直じゃないツンデレ愛の究極の形です。音楽と真剣に向き合ってこなかったのだめに厳しいことを言いいながら、全力でコンクールを戦い抜いた彼女を音楽家として認め、女性として惹かれる……

これ以上、がんばる女性にとって嬉しいものはありません。当然、のだめにとっては最高のご褒美です。

後に我に返った千秋は、偶然その場を見かけたのだめ父に「あれはサッカー選手がゴールを決めた時のようなもの」と苦しい言い訳をしていますが、このツンデレ感に終始ニヤニヤしっぱなしでした。

この心に正直な行動の緩急が、恋愛の駆け引きとしてはとても刺激的で、女性にかわいいと思われる要素だと思います。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plainただの積んでれではないところ

千秋真一のモテる大きな要因は「ツンデレ」です。ただのツンデレではありません、「お母さん」的なツンデレであることが大切です。

具体的に説明しますと、物語の中で千秋はのだめを育てるという役割を担っています。

汚部屋の掃除に炊事と音楽のレクチャー……この人がいなかったらのだめはどうなってしまっていたんだろう?と戦慄してしまうほど、のだめの成長に彼は欠かせません。

まさに彼は稀に見る「世話好き」体質、悪く言えば貧乏くじ体質です。王子様と言うよりは「お母さん」。その見た目とのギャップも魅力ですが、あえて世話人ポジションになることで女性は彼に対して隙を見せやすいと思います。

つまり、変に女の子ぶらず、ありのままの自分でいいんだと以外にも肩の力を抜くことができるのです。「ありのままの自分」も度合いに寄りますが、ちょっとぐらいお節介の方が、彼にとって自分の隙をフォローするのが好きなんだろうと、ある種の自分の存在意義を感じられるのです。

これにプラスして、千秋が世話を焼くのはのだめだけです。端から見ても明らかなこの特別感を内心喜ばない女性はいないはずですし、のだめの努力を認めるように、頑張っている自分を見ていてくれるのは本当に救われると私は思います。



f:id:t-dicek:20140920092713p:plain目的もなく生活するのはやめたいところ

漫画のキャラクターなんてハードルが高いと思うかもしれませんが、変に男らしさを見せようとしたり、リーダーシップを取る必要がないと私は考えます。

千秋真一を例に書きましたが、女性にとって大事なのは「ちゃんと自分のことを見ていてくれるのか」ということにつきます。

パートナーの苦手なこと、得意なことを把握し、お互いにフォローすることが何より安心感を生み出します。それは当たり前のことだと思いますが、女性も意外とプライドの高いところがありますので、その辺りの細かいやり取りはすごく大変かと思います。

そのためにも自分を偽らずありのままの自分を見せ、相手に隙を許す勇気が大切かと思われます。その隙に首をかしげる人がいたら、それはあなたのパートナーではないか、余程心の扉が固い人なのです。コミュニケーションは女性の方が得意という話を良く聞きますが、ならば男性はフォローで心の距離を縮めに図りましょう。

男として女性の前に無理やり出ようとするよりは、オカン男子としてややお節介を働いてみたほうが、女性の心のハードルは下がりますし、何となく親近感を持ちやすいはずです。

あとはとにかく目的もなく人生を生きることやめてください。仕事、勉強、趣味、家族……何でもいいです。何でもいいので、自分はこのために今日も頑張っているんだ!という熱意をもって毎日を送ってください。千秋には音楽がありましたが、何かに一生懸命になっているあなたの姿を見て、女性も頑張ろうと励まされるのです。輝いた男性の顔が何より魅力的です。