読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

女性にモテるための要素について、女性の心を掴むコツ

モテる男 モテる男-モテたいと思うこと

http://www.flickr.com/photos/26370410@N03/3280553259
photo by Ojie Paloma

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain見た目も心の持ちようから

女性にもてたいと思うとまずはすぐにノウハウ本や洋服の購入、髪型の良しあしなどに走りがちです。もちろん、この後にも容姿、外見にまつわることは記載しようと思います。

しかし、何よりも重要なのは心の持ちようです。人は気持ちの持ちようでいかようにも変わることができるのです。よく、スポーツなどで今回いい成績が出そうだなとか、打ちそうだなというオーラや雰囲気を感じることがありませんか。そうです。女性にもてたいというのもまずは心の持ちようが大事なのです。

いかに容姿端麗でお金持ちの男性でも気持ちの持ちようで頼りなかったり、弱々しい様子、軽薄なイメージということがにじみ出ていては女性にもてるわけもありません。ですから、自分自身の考え方や生き方、仕事などにしっかりポリシーをもっている。これだけで第一印象にいいオーラがでてくるものです。多少外見が劣っていようともこのオーラやにじみ出るものでカバー可能です。

青の炎 Blu-ray

青の炎 Blu-ray

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain 外見で注意するポイント

まず、気持ちの持ちようで男性として、大人としての醸し出す雰囲気をもてるようにしましょう。次には外見です。これは女性も好き嫌い、好みがあるので一概には言えません。しかし、モテようと思うのであれば、まずは一般的に見て、共通したポイントがあるものです。

キーワードは清潔感、年相応、ポリシーです。まずは清潔感。これは当たり前のことですが誰が見てもきちんとしているなという雰囲気を出す必要があることが間違いありません。次に年相応です。もちろん少しでも若く見られたいとか大人に見られたいということで洋服の雰囲気を変えることがあっても、基本的にはビジネスもプライベートも年相応のファッションをすべきだと思います。

次にポリシーです。あまりにもはやりに流されすぎて、自分自身のポイントが感じられないファッションは今一つ女性から見てもピンと来ないことが多いと思います。自分なりのポリシーを洋服も持って着こなしましょう。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain女性との職場やプライベートでの接し方

心の持ちよう、そして外見と2つのポイントをあげてきました。次にはビジネスでもプライベートでも女性との具体的な接し方です。ここでもいくつかの要素が重要だと思います。分け隔てなく接すること、同性異性関係ない接し方、必要以上のコミュニケーションは取らないというところです。

まずが分け隔てしないことです。これは女性に対して注意すべきことで年齢や既婚未婚、容姿に関係なく接することがモテるためのポイントになるかと思います。これは最低限のマナーともいえるところです。次に同性異性に対するコミュニケーションです。これも注意しないといけません。

どうしても女性ばかりとコミュニケーションをとろうとしがちですがこれはいけません。同性異性関係なく接するべきです。最後に必要以上にコミュニケーションをとらないことです。これは今の時代重要です。必要以上にプライベートなことは女性には踏み入って聞くべきではありません。



f:id:t-dicek:20140920092713p:plain 女性の心をつかむポイント

以上、これまで心の持ちようや外見、職場やプライベートでの女生徒の接仕方について述べてきました。最後にいかに女性の心をつかむかです。

これは接する女性によっても大きく変わりますが何よりも相手の女性の立場に立って、どういった会話が好まれるのか、どういった趣味があるのかをしっかりつかんで、あくまでも仕事で言えば、お客様の心をつかむという行動を女性に対して行うような気持ちが重要です。

どうしても男性は自分をPRしようとするあまり、女性の気持ちを無視して自分本位で物事を進めようとしがちです。会話であれば、女性の言いたいことをできるだけ聞いてあげてください。

こうした行動一つをとっても、男性としての寛容なところをPRすることにつながります。とにかく、一事が万事。女性を立てて、女性の気持ちを第一に考えた行動をすることがモテるためには何よりも重要です。もちろん、これがまめな行動ともつながるわけです。