読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

女性心理から察する、惚れられる男性になる

モテる男 モテる男-モテたいと思うこと

http://www.flickr.com/photos/9092428@N04/2328866919
photo by Ana_Cotta

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain ちょっとした行動で惚れさせる

女性が男性に惚れるときというものは、男性が必死に何かをやっている姿を見た時です。人がやらないことをやり、それを汗をかきながら必死になってやっている姿は、女性の心をキュンとさせます。

いつもはおちゃらけていても、仕事をやる時にはとても真剣な顔をしては、その仕事に集中して打ち込む姿は、実に女性から見ても頼もしいのです。

又、身体をはって女性を守る男性も、女性は惚れるものです。電車が来たらさっと前に出ては女性を風から守ったり、雨が降ってきたらさっと傘をさしては自分は濡れても女性を雨から守ってあげる、車のドアを開けてあげては手でドアに頭がぶつからないように手をかざしてあげるなどができれば、より女性に惚れられるでしょう。

女性が疲れている時にはさりげなく栄養ドリンクを買ってきては差し出したり、お腹が空いているであろう時にオニギリやサンドイッチなどを買って来ては差し出してくれる男性にも、女性がホロっと惚れてしまうことがあります。

ホットロード [Blu-ray]

ホットロード [Blu-ray]

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain 男性によって愛情の深さが変わる女性心理

女性心理というものは、誰もが素敵だなと思う男性に惚れられたいと思うものなのです。みんながどうかなと思う男性は、やはり嫌なものなのです。惚れて欲しいと思う男性は、やはり、魅力的な男性がいいものなのです。

それは頭がキレて、ハキハキと話せる人です。何事も前向きに捉えては、明るく生きている男性も女性は好きなものです。悪いことも良いように捉えることができ、悪いならば良くする努力ができる男性が好きなのです。

疲れていてもその疲れを見せず、常に女性に対して明るい表情と行動を見せれる男性も魅力的に思えるのです。

女性心理というものは、惚れた男性にはとことん尽くしては頑張りたいと思うものです。男性が真剣であればあるほど、女性はしっかりとそれに受け答えようとします。他の女性には一切目を向けず、その女性だけに愛情を注げば、その女性はより愛情で表現しようとします。

女性を振り向かせるためには、「君だけしかいない」とか、「君だけのために頑張る」という気持ちを持つことが大切です。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain 誰よりも優先的にすることが大事

女性の恋愛の心理では、惚れるまでの過程が大切です。女性は惚れれば一生懸命にその男性に愛情を注ぎますが、その惚れるまではそんなに頑張ろうとは考えません。その男性が自分のタイプならば頑張ろうという行動を見せますが、タイプでなければ頑張ろうとは思わないのです。

ただ、その男性が一生懸命に愛情を注げば、その女性の心も変えることができるものなのです。その愛情表現は中途半端では、なかなかその女性を振り向かせることはできません。しっかりと振り向かせるには、その女性を何よりも優先に考えなければなりません。

仕事が忙しいからという理由でその女性を蔑ろにすれば、その女性は心を開かないでしょう。疲れているからとか友人の付き合いがあるからとその女性を後回しにすれば、その女性は不信感を抱くものです。

1度そういったことがあれば、その女性の心を掴むことは難しくなります。最初から真剣にその女性と付き合うのなら、きちんとした気持ちを持ち、友人や家族よりも優先的にその女性と付き合うようにしましょう。



f:id:t-dicek:20140920092713p:plain 恋愛中の女性の仕草

女性の仕草の意図では、表情を見ればよく分かります。目でその男性に好きという気持ちを伝えていることがあります。普段よりも目を輝かせては男性を見つめることがあります。そんな時には、その男性に好意を持っているのです。

瞬きがいつも以上に多かったり、男性が目を向けるとはにかんだような表情で頬をポッと赤らめることもあります。下を向いてはモジモジとしては恥ずかしがっていれば、その女性はその男性と付き合いたいなと思っているものなのです。

他にも、女性が好きだから見せる仕草としては、男性の前で脚を組むことです。口説いて欲しいなと思う女性は、脚をセクシーに見せるために脚を組み変えたりします。

又、髪をかき上げたり、その男性の方を向いてはじっと見ているというところも、その男性から口説いて欲しいなと思っているものなのです。

その男性が良いなと思っている女性は、上目使いをします。どうしても好きだなと思っていると恥ずかしくなり、男性を直視できないのです。ストローを吸いながら上目使いをしたりする仕草は、その男性に好きというアピールをしているものなのです。