読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

壊れやすい恋愛、長続きしない恋愛はなぜ生まれてしまうのか

http://www.flickr.com/photos/80497449@N04/10011940914
photo by Free Grunge Textures - www.freestock.ca

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain恋愛のパターン

身を焦がすような、狂おしくも激しい恋愛がある一方で、
遊び心を基調とした、気軽で楽しいスマートな恋愛があります。
また、確かな信頼関係と誠実な想いを基調とした、落ち着いた恋愛もあります。

性別、年齢、立場などに関係なく、人は様々な恋愛を経験しますが、
人により恋愛の好みがあるのも事実です。
自分が求める恋愛のタイプと相手が求める恋愛のタイプが一致するとき、
恋愛は成就する可能性が高まります。

ここでは恋愛の3つのタイプについてみていきましょう。

セックス・アンド・ザ・シティ2 [ザ・ムービー] [DVD]

セックス・アンド・ザ・シティ2 [ザ・ムービー] [DVD]

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain恋愛の3つのタイプ

エロス求愛型

一般的な恋愛は、このタイプを指すのではないでしょうか。
他のタイプの恋愛を理想とする人でも
このタイプの恋愛の虜になった経験があるのではないでしょうか。
初恋なんかがまさにこの状態に

エロス型恋愛は、激しく、しかも突然として始まります。
なぜ好きになってしまったのなんか、はっきりと分からない。
何が何だかわからないけれども、好きで好きでたまりません。

相手のことばかりを考えて、相手以外のことが色あせてしまった状態でもありますが、
その実、相手のことをしっかり見ているわけではありません。
そんな冷静な態度をとる余裕は、もうすでに出会った瞬間に吹き飛んでしまっています。

一目惚れが多く発生するのもこのタイプの恋愛で、
好きだと好きだと大騒ぎするわりには、
相手のことについてほとんど何も分かっていないということになりがちです。

エロス型恋愛は、一体化のあくなき追求という意味では、まさに本格的な恋愛と言えます。
相手がまるで自分自身の分身であるかのように、相手との一体化を求めます。
情熱に任せて一体化を追求するため、肉体関係に進むのも早くなりがちです。

しかし、好きだという気持ちは真剣そのもであって、
決して安易な遊び気分で肉体を求めるのではありません。
好きでたまらなに、どこまでも近づきたい、
そうした気持ちの高まりの延長に肉体の合一があるのです。

ただし、好きだ好きだといってしつこく追いかけてるのに、
突然態度を変えて相手を戸惑わせられるというようなことも、
エロス型恋愛では起こりがちです。
恋の炎が燃えている間は一途に思い続けるのですが、
それがある日突然燃え尽きてしまうのです。
情熱というのは元来長続きするものではなく、
寿命のはかなさが情熱の情熱たる所以でもあるのです。

ルダス型恋愛

快楽追求的な要素の強い、遊びの恋愛です。
スリリングな遊びとして、
駆け引き妙を楽しむようなところがあり、
相手との一体化を強く求めるとか、
誠実さや信頼に基づいて安定した関係を築くなどということは無縁の世界です。
相手と一体化してしまったり、
関係が安定してしまったら、かえってこの恋愛は色あせてしまいます。
相手の気持ちをこちらに向けさせるプロセスこそがワクワクして楽しいのです。

不安定さがこの恋愛の命ですから、近づきするのは禁物です。
それゆえに束縛を嫌い、お互いのプライバシーを尊重した、
あっさりした付き合いを求めます。
2人でいる時間はもちろん大切にしますが、
心を開き合った重たい関係になるのは避けなければなりません。

語り合うよりはゲームしたり、歌ったり、踊ったりと、
陽気に過ごす方がうまくいくでしょう。
恋も楽しい遊びの一つですから、
一人の相手にのめりこむのも勿体ないことかもしれません。

反対に言えば、1人の女性にはまってしまったとき、
ルダス型恋愛の終わりです。
すなわち、他のタイプへの恋愛へと移行していくのです。

ストルジュ型恋愛

誠実さや思いやりもを基に信頼関係を築いていこうという、
いわば友達恋愛です。
情熱に目が眩んで闇雲に突っ走ることはなく、
しっかりと相手を見つめて冷静に安定した関係を築いていきます。
ときめきやスリルとは無縁になってしまうかもしれませんが、
平穏な関係を続けていきます

ストルジュ型恋愛では、心から理解しあうことを求めるので、
楽しく遊ぶとか肉体的に近づくとかいうよりも、
お互いの人生観・価値観がにじみ出るような付き合い方になります。

恋愛からイメージされる情熱的な部分に欠け、
物足りなさなさを感じることもあるかもしれませんが、
一緒にいて心からくつろぐことができます。それz
楽しくなければいけないなどと気を遣わずに何でも話すことができる関係、
人生のパートナーとして支え合う関係は貴重です。

価値観・生き方への共鳴と信頼に基づく恋愛ゆえに、
情熱のように急速に冷めるということもなく、安定した関係のまま長続きします。
信頼関係が基本ですから、
一度確立されたら、たとえ遠くに離れて過ごすようなことになっても、
容易に関係が揺らぐようなことはありません。


f:id:t-dicek:20140920092713p:plain複雑な恋愛模様をこうして起こる

人によって求めるものが異なると、当然感情のすれ違いが起きます。
そして多くの人は様々な出会いの中で色々な型の恋愛を経験していくのです。

しかし、どんなに苦杯をなめても、
個人の好みの方はなかなか変わらないようです。
相手の恋愛の方と自分の好む恋愛の型が一致すればよいのですが、
そうでない場合、お互いの要求がうまく噛みあわず、長続きしないケースが多くあります。

エロス型の恋愛を好む者は相手をどこまでも激しく求めますが、
ルダス型の恋愛を好む者にとっては、それは重荷となるだけでしょう。
彼らにとっては一緒にいて楽しいか、ということが大前提にあって、
深刻になったり、お互いを束縛したりという重たい関係になるのは避けるべきものですから。

エロス型の恋愛やルダス型の恋愛を好む者にとっては、
ストルジュ型の恋愛は刺激に欠け、やや退屈なものに感じられるはずです。
反対にストルジュ型の恋愛を好む者は、
それぞれの恋愛には付いてはいけないと感じることが多々あるはずです。

一方で、ストルジュ型の恋愛を好む者同士の恋愛は、
総じて長続きする傾向にあります。

しかし、好みの恋愛の変わらないというわけではありません。
エロス型の情熱の前にルダス型を放棄する者もあるのでしょうし、
ストルジュ型を好んでいた者が重い腰をあげて情熱を持ち始めることもあるでしょう。

あるいは、ルダス型を好んでいた者が、
ストルジュ型の誠実さに負けて腰を落ち着けるということもあるかもしれません。
これらの三つの型の恋愛が絡み絡み合いせめぎあって、複雑な恋愛模様を織成っているのです。