読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

彼女を知らないうち傷つけている可能性に気づくこと

女性心理 女性心理-ストレス

http://www.flickr.com/photos/64581401@N07/5880890448
photo by michaeldorokhov

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain男性目線は避ける

「ガールズトーク」は、女性同士の恋愛話や愚痴などを、腹を割ったぶっちゃけトークです。
当然、男性が聞いてしまったら引いてしまうような下ネタも含まれます。

だからといって、男性も下ネタで女性同士の輪に入ろうとすると、反対に女性に引かれてしまいます。
ガールズトークに参加できるのは、もちろん女性だけです。
男性が混じった途端にトークは終了してしまいます。


また、男性同士で腹を割って話すことは、
ズケズケ言ってもOKという暗黙のルールがあります。
ポジティブなニュアンスで相手をけなすことがあります。
むしろそれが言い合えるかどうかで、仲の良さが判別できるところがあります。

ガールズトークの場合には、仲良し同士がぶっちゃけた話をしても、相手を傷つけないように気遣いながら、言葉を選びながら話します。

そのため、貴方は彼女と話をするときは、男性同士で話すときと同じテンションではダメです。
いくら貴方が仲が良くなったんだから、ズケズケ言ってもいいんだろうと思っても、女性から見ればひどくデリカシーのない言葉に聞こえてしまうのです。



f:id:t-dicek:20140920092713p:plain言葉は武器になる

問題はデリカシーのなさです。
女性と話すときは、否定したり、ダメ出しをするようなコミュニケーションは必要ではありません。
あくまで同じ立ち位置にいることで、安心感のある会話になっていくのです。

そのため、女性は「ダメに決まっている」と否定的な言い方で言われると、自分を否定されたように感じるのです。
そればかりか、相手が自分を見下しているのではないか、とか、存在を認めてもらっていないといった風に捉えてしまいます。

貴方の方は、傷つけるきなどはさらさらなく、二人で会話を楽しみたいと思っていることでしょう。
気さくに突っ込みを入れてもらうために、わざと強く言ってしまうこともあります。

とことが、恋愛関係ではそのような話し方は避けた方がいいのです。
いくら親密な関係にあったとしても、相手は女性です。
だから貴方はうっかり彼女を傷つけてしまわないように、次のようなルールを念頭に入れておかなければなりません。

1.彼女に意見を言いいたい時のルール
 ・否定をしない
 ・まず相手の考えを聞き入れる
 ・相手が言いたいことを言い終わってから話す

2.彼女に話しかけるルール
 ・彼女を否定する言葉を使わない
 ・相手が話しかけやすいフリを心がける

ものの言い方を少し変えるだけで、彼女と安定した関係を築くことができるので、必ず実行してください。
彼女のとの会話をするときは、剛速球で相手を抑え込むピッチャーになってはいけません。
剛速球ピッチャーは男性から見て頼もしいですが、女性から見て話しやすいのは、「打ちやすい球を投げてくれるバッティングピッチャー」なのです。
相手の意図をしっかりと見極め、相手が話しやすい言葉を投げ返すようにしましょう。