モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

彼女の機嫌が勝手に良くなるって本当!?デートプランは事前に彼女に伝えておくこと

http://www.flickr.com/photos/82327812@N00/3895988059
photo by ルーク.チャン.チャン

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain男性は大人になるとワクワクしなくなって、女性とギャップが生まれる。

男性は成長するにつれて、プロセスではなく結果を重視するように事前のワクワクした気持ち以上に、何かを成し遂げた時の達成感に充実ややりがいを感じるように成長していく傾向があるからです。

男の子と成人男性の境界は、ワクワクを楽しむ気持ちから、達成することに充足感を覚えるようになった時とも言えるでしょう。


実は、この男性のこの成長における満足変化が、女性と関係を築く過程において、枷になることがあります。

女性の場合、大人になっても楽しいことが待っていると、子供の頃と同じようにワクワクしながら、「楽しんでいる自分」を想像します。
女性は、恋愛には大きな夢を持っています。
そのワクワク感は非常に重要なエッセンスなんです。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain彼女の期待感を利用して、彼女のデートのモチベーションを上げる

女性の恋愛に対する期待感。
デートに使わない手はありません。

恋愛関係のイベントがあるとき、女性は男性以上に楽しみに待っています。
それは、デートのお誘いの時も同じ。
事前に連絡しておけば、デートの当日まで女性は期待に胸を膨らませながら待つことができるのです。

「△△日に会おうね」だけではなく、「△△日、〇〇に行こうね」と声をかけると、女性は男性と行く先での出来事を想像し、さらにデートまでの期待・楽しみが膨らませます。

デートを予告することで、男性が何か大掛かりな演出をしなくても、女性は自動的にデートへのモチベーションを高めてくれるわけです。

これは非常に有効です。
男性が何もしなくても、女性が一人で勝手に男性とのデートに盛り上がりを感じてくれてるわけですから、こんなに楽なことはありません。

それを活かすも殺すも、誘い方にかかっていると言えるでしょう。



f:id:t-dicek:20140920092713p:plain恋愛下手なデートの誘い方、デートの誘い方にサプライズは要らない

次のようなやりとりは女性の期待値を上げられない、恋愛下手のデートの誘い方です。

男性:「今度の土曜日空いている?」
女性:「うん、別に用事はないけど。」
男性:「僕も暇なんだ、せっかくの休みだから、どこか遊びに行こうよ」
女性:「それはいいけど、どこに行くの?」
男性:「前日までには考えておくよ!とりあえず会おうよ」
女性:「・・・」

これではいけません。
女性が期待値を膨らませるどころ、どこに連れていかれるか分からなければ、女性を不安にさせることもあります。

不安いさせないという点では、次の誘い方もしてはいけません。

男性:「今度の土曜日空いている?」
女性:「うん、別に用事はないけど。」
男性:「それは当日のお楽しみ」

プライズを演出したい、という気持ちも分かりますが、ここまでの説明で、お楽しみごとは事前に伝えた方が、女性心理にはプラスに働くことが分かりますよね。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plainデートまでの楽しい時間を提供する、『明日暇?』なんてもったいない

女性は一緒にいる幸せな時間を事前に何度も反芻し、楽しみながら気持ちを熟成していきます。

女性にとって、「お楽しみXデーを待つまでの期間」は、男性への愛情の熟成期間とも考えられます。
もちろん、期待させるだけさせておいて、急に会えなくなったりすることになれば、彼女のショックは計り知れないものがあります。

やむえない事情があったにせよ、キャンセルは全てにおいてネガティブなことであり、彼女との関係にとってプラスになることは何1つありません。
その場合はすぐにリカバリーを申し出て、新たな期待を作り出し、うまくフォローしていきましょう。