モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

マメさが女性を惹きつける、まずはメールからという固定概念を捨て、早く電話をしても大丈夫な相手になる

http://www.flickr.com/photos/35237096343@N01/1784099874
photo by thorinside

f:id:t-dicek:20140920092713p:plainマメに連絡を取り合おう

女性と知り合ったら、次にすることはマメに連絡を取っていくことです。
「マメな男性がモテる」と言いますが、これは本当です。


なぜ、マメな男性がモテるのでしょうか。
ちゃんとした理由があります。

心理学の世界には、「単純接触効果」というのがあります。
簡単に言えば、「何度も同じ人と接していると、その人に好意を抱く」ということがあります。

つまり、女性に好意を抱いてもらうには何度も接していく必要があります。

マメに連絡を取っている相手のことは、自然とする信頼するようになります。
まさいに、「遠くの親戚よりも近くの他人」
の心理です。

女性は感情的なので、とくにその傾向が見られます。
だからマメな男性はモテるのです。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain連絡先の貰い方

マメに連絡を取るためには、相手の女性の「メールアドレス」と「携帯番号」を知っておかなければなりません。
メールアドレスと携帯番号の貰い方ですが、手っ取り早いのは名刺を交換することです。
セミナーや勉強会などでは、名刺交換がしやすいはずです。
いいなと思う女性がいたら、取りあえず名刺交換をしておきましょう。

名刺には会社のメールアドレスが書いてあります。
名刺交換をしたその日のうちに「今日はありがとうございました」とメールを出すとよいでしょう。

もし、相手からの返事が返ってきたら、次のメールで「もしよろしければ、家のメールでアドレスも教えてください。僕のはこちらです。」と書いてけば、プライベートのメールアドレスも教えてもらえるかもしれません。

また、合コンでは、直球勝負が一番です。
「連絡を取りたいので、メールアドレスと電話番号を教えてください」と言えばよいのです。

その時に、忘れてはならないので、「連絡を取りたいので」と付けくわえておきましょう。
人間は「理由」を付けられると、なぜか納得してしまうのです。
メールアドレスを貰える確率が上がるはずです。

もし、断られたらその時は、縁がなかったと諦めればよいのです。


f:id:t-dicek:20140920092713p:plain気軽に電話する。

メールと電話では、電話のほうが恋愛に発展しやすいので、メインの連絡方法は電話するとよいでしょう。

ムリヤリにでも理由を作って電話をするべきです。

依然に、ある場所について話したことがあるのであれば、インターネットでさっと検索して「その場所のことを調べてみたので、電話しました」でもOKです。

メールで連絡する場合は、「時間」と「文字数」の調整が必要です。

まず、貴方が送ったメールに対し、相手から返事が来たら、返信が来るまでにかかった時間を計算してください。

もし、返信が返ってくるのが1日後であれば、貴方の返信も1日後にして下さい。


なぜかというと、メールは時間も含めて返事だからです。1日後にメールが来るということは、相手の気持ちの盛り上がりレベルが1日ぐらいということです。

恋愛は一方の気持ちが盛り上がっても成り立ちません。2人が同じような気持ちが盛り上がってこそ、付き合いまで発展します。

気持ちの盛り上がりが同程度であるよに見せるには、返事を送るタイミングを相手からの返信の時間と同じぐらいにするのがよいのです。

メールの文字数も同じです。
メールは文字数が、パッと見て分かるため、「気持ちの偏り」がすぐに分かってしまうからです。

女性からのメールの文字数に対し、圧倒的に貴方の文字数が少ない場合は、冷めていると思われがちです。

反対に文字数が多くなってしまいますと、逆に、勝手に熱くなっているな、メンドクサイと思われてしまいます。

メールの文字数も返信時間と同じように相手に合わせておく方が無難です。

このように、メールは電話に比べて難しいので、できる限り電話を使って連絡を取り合うようにしましょう。

初心者ほどメールに頼って失敗してしまいます。
電話の方がほうが声を聞きながら対応できるので、失敗してもその場で取り返すことができます。

まずは電話、電話が無理であればメールという順に連絡しましょう。