読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

まずは女性をデートに誘うことから、女性がデートに応じやすい理由を添えて

http://www.flickr.com/photos/36516818@N00/356969822
photo by mrhayata

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain好かれる理屈、嫌われる理屈

テレビ番組などを見ていると、
よく「理屈っぽい男は嫌い」などの女性の価値観が紹介されることがあります。


そこでモテない男は考える。
「そうか、理屈っぽくなっちゃいけないんだな」

しかし、理屈をこねることにも色々な目的があります。
ビジネスシーンで見られるように理路整然として相手の興味を引き寄せることもあれば、
相手を批判する時に理論武装して付け入る隙が見当たらないほどやり込めることも。

天使とデート [DVD]

天使とデート [DVD]


後者については、男女の関係ではなくても敬遠されがちですが、
前者は、恋愛においてかなり大切な要素であることはあまり知られていません。

彼女は、貴方と恋愛をすること、貴方とデートすることで、
「どれだけの楽しさや幸せを得られるのか」を測っている、
つまり「メリット」を計算しているからです。

ですから、女性をデートに誘うにしても、
彼女たちに何かしら「メリット」を感じさせなければいけないわけです。

感情に理屈が通用するのか
女性は男性よりも感情を重視する生き物です。
つまり女性をデートに誘う時、
あくまで「あなたをデートに誘いたい」という好意の感情を前面に出し、
アピールした方が効果的なんですね。


だからといって、「ひたすら熱いきもちをぶつければいい」というわけではありません。
女性が感情を重視するとはいっても、その誘いに文句には理路整然とした理屈が必要。

女性は、理由付けをすることで、男性側の「感情の正当性」を確認しているからです。
例えば、次のようなやりとりがあったとしましょう。

貴方:今度の金曜の夜、時間をもらえない?
彼女:え?
貴方:この前言っていた、おいしいイタリアンの予約が取れそうなんだ
彼女:うん、空いてるよ

この時の彼女の心理としては次のようになります。

貴方:今度の金曜の夜、時間をもらえない?
彼女:え?(デートの誘い?別にいいんだけど、夜のデートはちょっと考え物だなぁ‥‥)
貴方:この前言っていた、おいしいイタリアンの予約が取れそうなんだ
彼女:(おいしいイタリアンかぁ、それならデート云々前に食べてみたいかも)うん、空いてるよ


デートを前提にすると、この女性の場合、
感情的には、「行ってもいいし、行かなくてもいい」
「この人と一緒にいる時間を使うのはいかがなものか?」と、
いった微妙な迷いが生まれているが分かります。


しかし、おいしいイタリアンという言葉を出し、
デートに理由を付けることで、二人の間に正当性が生まれるのです。


①以前、あなた(女性)が興味を持っていた店の話を聞いた
  ↓
②その店には僕も個人的にも興味が出てきたんだよね
  ↓
③店に予約の連絡をすると、思いがけずに予約が取れちゃった
  ↓
④一人で行くのは勿体無いし、あなたも興味なあることを知っているから誘いたい
  ↓
⑤2人きりでデートみたいになっちゃうけど、あなたとのデートなら僕は嬉しいな

こういった流れを印象づけることができれば、
彼女は安心して男性の理由に乗ることができるのです。
もしかしたら、世間的には「イタ飯で女を釣った」と思われるかもしれませんが、
相手の興味を引くことがデートにつながることは間違いありません。


f:id:t-dicek:20140920092713p:plainただ押すだけでは通用しない

そこで大事なのは、理由を後付けすること。
今回であれば、おいしいイタリアンという「理由」が後から付け足され、
彼女の中で「デートもさることながらイタリアンを食べたい」との明確な理由が発生しました。

元々の感情は「どちらでもいい」状態だったのに、
「おいしいイタリアンを食べに行く」が付け足されることによって、
「デート」の付加価値を許容できたわけです。


このように、女性を誘う時には「理由」を付けると成功する確率が格段に上がるのです。
相手の「行こうかな、どうしようかな」と思う感情に、
興味を引くような「行く理由」が加わることによって、「行く」に流れを持って行く。

逆にいえば、この理由を明示せずに、
「自分と一緒の時間を過ごす」ということだけに焦点を当てると、
女性側は決定打を得ないまま断ってしまう可能性が高まるのです。

ここでダメな一例をご紹介しましょう。


貴方:今度の金曜の夜、時間をもらえない
彼女:え?
貴方:いろいろ話したくてさ、デートになるかもしれないけど、遊びに行こうよ
彼女:どこへ行くの?
貴方:そうだなぁ、君の行きたいとこならどこでもいいよ

何がダメなのか、もう分かりますよね?
ちなみに告白の言葉にも、同様のことが言えます。

理屈を付け加えると成功する。という理論は、
恋愛から結婚に至るまでそれぞれの段階で重要です。

単に、結婚しよう、ではなく、
"幸せにするから"結婚をしよう。と理由とともに伝えた方が効果テキメン。

女性からしてみれば、
幸せにするから、と言われると、
ああ、結婚したら幸せになるんだと、プロポーズにメリットを見出します。

そのメリットとなるのが、貴方の付け加えるべき「理由」。
そして、この理由によって、結婚してもいいと考えるのです。

女性の心を動かすには、上手に理屈と理由を付け加えるように心がけましょう。