読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

女性は男性よりも感情が豊かで、男性が付いていけない

http://www.flickr.com/photos/28165389@N05/4079333107
photo by Collin Key (away)

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain突然、嵐のごとく女性は泣き出して、怒り出して

とあるテレビ番組で30代から50代の男性100人の男性に「女というのは、どうしてこう〇〇なんだ?」の〇〇に思い当たる言葉を入れてみる、というアンケートがありました。

このアンケートの1位は、「すぐに感情的になる」という回答がぶっちぎりの1位だったそうです。2位は「おしゃべり」、3位「わがまま」といった風に大人の男性から女性に対する苦情のような回答が上位を占めたそうです。

映画ノベライズ 潔く柔く【カラー写真つき】 (集英社コバルト文庫)

特に、「すぐに感情的になる」という回答がトップになったのは、それだけ男性が普段の生活において、女性の理解できないリアクションに迷惑していることが良く表れているといったところでしょうか。

とにかく女性は激しい感情を表に出すことが多い。いきなり怒り出したかと思えば、彼女とのこれまで付き合いを振り返ってみて欲しい。

ほんの些細な行き違いから感情的になられてしまい困惑した経験が貴方にも少なからずあるはずです。家の中ならまだしも、電車のなか、レストランなどでキレられてたり泣かれたりしたらたまったものではありません。

女性の感情の起伏の激しさに男性はついていけず、ただただ苦笑いを浮かべるばかりです。また、おそらく仕事でもヒヤヒヤさせられる場面があることがあります。

会議や商談の席などでは、たとえ不合理であっても、「ここは穏便に済ませたい」ということがあるものです。男性の社員の多くはその不満や憤りをグッと我慢していることも多いはず。

しかし、感情的になった女性社員はそれを口や表情などで表に出してしまう場合があります。時には正論を言って何が悪いんだという態度を取るので、なだめるのに苦労の要ることもあります。あるいはその場で、グッと我慢しても、会議が終わった途端に突然怒り出す女性社員もいます。

ある人材派遣会社のCMでも見られるように、怒って電話を掛けてくるのは大抵の女性社員です。

そして、困ったことにこうした感情の「嵐」は、何の予告もなく突然に訪れることが多いのです。中には、まるで「晴れ、突然の大嵐、後、どしゃぶり」といったように激しく天気が移り変わる女性もいる。あまりの急な展開にあっけにとられてしまい、恐らく男性には傘を差し出す余裕すらないのではないでしょうか。

朝出勤したら隣の女性社員の荷物がそっくりそのまま消えていたなんてことを経験した人もいるでしょう。

このような場面に運悪く遭遇した男性が、「ああ、女性って奴は、どうしてこうなんだ」と点を仰ぎたい心境になるのも無理はないでしょう。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain女性の脳は感情の通路が太い

では、なぜこのように女性はすぐに感情的になるのでしょうか。

答えはやはり、脳の構造の違いにあります。

間脳に「前交通」という左右の脳を繋ぐれんR買う回線があるが、これは言ってみれば「感情の連絡通路」。主に「好き・嫌い、快・不快、怒り、恐怖」などの感情成分を情報として交換しているところです。

この前交連が男性よりも女性の方が太いのです。言わば、女性の脳は、感情の通路が太くできているのです。通路が太いと、感情に関する多くの情報をいっぺんに流すことができてしまうのです。そして、そのせいで女性は一般的に感情表現が豊かで、情緒細やかな対応を取ることができるのです。

しかし、厄介なのは、より多くの感情方法を捉える分、あまりにたくさん情報を流し過ぎて処理能力が追いつかなくなる場合があります。また、たとえ情報が少なくても、その一部の情報を増幅させてしまい、好き嫌いの思い込みを膨らませたり、不安や怒り、悲しみなどを大きくしてしまったりする場合もあります。

つまり、男性から見れば穏やかな小さな波でも、女性はその波を何倍にも大きくしてしまう傾向があるのです。そして、その大きくなった感情の波を男性に向かってぶつけてきます。いきなり大波をかぶせられた男性としては、何が起きたのか分からず、びしょびしょに濡れたままあっけにとられてしまうのも当然です。

だから、「女性はちょっとしたことですぐに感情的になる」ということです。



f:id:t-dicek:20140920092713p:plain「洪水」に対する備えは

そして、問題なのは、風雨と高まって防波堤が決壊してしまった場合です。

情報が錯綜して処理能力の限界を超えると、連絡回線がショートしてしまい、感情がいっぺんに溢れだしてしまいます。こうなると、女性は溢れる感情を自分で抑えられなくなって、突然にキレて怒り出したり、ビックリするほどの大声で泣き出したりします。

このような感情の洪水に見舞われているとき、女性はいろんな気持ちが一斉に押し寄せてきて、怒ってきていいのか、笑っていいのか、それとも泣けばいいのか、どの感情をとったらいいのか自分でも皆目分からなくなります。

これは一種のパニック状態だといっていいのです。目の前の男に対して文句を言いたいのか、すがりたいのか、自分でも分からないのです。

だから、もし妻や彼女、女性の部下などがこのような状態に陥ったら、貴方は下手に刺激せずに放っておいた方がいいです。

女性の繰り出すワケの分からない言葉に対して貴方が不満を表したり、怒ったりしようものなら、それはもう火に油。ますます女性はパニックになってしまうのでしょう。

結局、こうした感情の爆発は自分自身にぶつけられている者です。泣いて、わめいて一段落すれば、涙や大声でストレス・ホルモンが放出されたら落ち着いてくるはずです。だから、「ああ、よし、よし・・・」と表面上は慰めながら、彼女の「一人舞台」を遠目で眺めていた方がよいです。

そして、落ち着いたのを見計らい、「さて、そろそろかな・・・」という時になったら、「さぁ、飲み物でもどう?」などと、さりげなく気分を変えてやればいい。

ちなみに、飲み物を差し出すなら、ココアやチョコレート・ドリンクなど甘いものがオススメです。ブドウ糖がすばやく脳に届き、とりあえず脳を落ち着かせてくれます。また、ハチミツを入れたホット・ミルクなら、イライラを鎮めるカルシウムも豊富にあります。ハチミツに含まれるビタミンB4は感情を抑えるホルモンのセロトニンをアップさせることもあります。

の爆発は自分自身にぶつけられている者です。泣いて、わめいて一段落すれば、涙や大声でストレス・ホルモンが放出されたら落ち着いてくるはずです。だから、「ああ、よし、よし・・・」と表面上は慰めながら、彼女の「一人舞台」を遠目で眺めていた方がよいです。

そして、落ち着いたのを見計らい、「さて、そろそろかな・・・」という時になったら、「さぁ、飲み物でもどう?」などと、さりげなく気分を変えてやればいい。

ちなみに、飲み物を差し出すなら、ココアやチョコレート・ドリンクなど甘いものがオススメです。ブドウ糖がすばやく脳に届き、とりあえず脳を落ち着かせてくれます。また、ハチミツを入れたホット・ミルクなら、イライラを鎮めるカルシウムも豊富にあります。ハチミツに含まれるビタミンB4は感情を抑えるホルモンのセロトニンをアップさせることもあります。