読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

仕事上に『好き』というワードを散りばめる

お付き合いの話 お付き合いの話-職場恋愛

http://www.flickr.com/photos/73491156@N00/84770435
photo by Éole

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain「好きです・・・企画書が」

人から「好き」だと言われると貴方はどう思いますか?
よっぽど生理的に無理だと感じる人以外、やっぱり嬉しくないですか?私はやっぱり言われたいです。


恋愛感情を持っていない人から言われた場合は、手放しでは喜ぶことは難しいかもしれませんが、それでも悪い気はしないものではないですか?

恋する遺伝子 [DVD]

恋する遺伝子 [DVD]

だからこそ、貴方が近づきたいと思っている彼女には、遠慮なく好きと言う気持ちを伝えていきたいものです。そんなことを言ってしまうと、「そんなに簡単に言ってくれるな!」という人も多いはず。

まぁ、それはその通りですね。では、こんな方法で「好き」という気持ちを伝えるのはいかがでしょう。

「僕は好きだな、Aさんの企画書」
「Bさんの電話対応、気持ちがいいですね。」
「Cさんのメールの字、綺麗ですね。」

こんな風に仕事上のアクションに絡めて「好き」を使えば、堂々と相手に対して好意を伝えることはできないでしょうか。



f:id:t-dicek:20140920092713p:plain貴方の「好き」が自身になる

「好き」という言葉は、相手に対する肯定的な感情です。
しかも、この言葉のいいところは具体的な理由を必要としないところです。誰が何と言おうと「好きなものは好き」なのです。

こういう言葉は、他にもあります。

「Aさんの入れるコーヒーを飲むと、美味しいですね」
「Bさんの声って、癒される」
「Cさんの机の上っていつも綺麗にされていますね」


要するに、仕事の会話の中に恋愛感情を含んだワードを盛り込んで、相手を褒めているだけなのです。


しかし、これは、女性にとって有効なテクニックです。
恋愛で使うような言葉を、仕事の評価という形で使うことによって、彼女はいつの間にか貴方のことを職場でも特別な存在だと考え、進んで貴方が喜ぶことをしてくれるようになるでしょう。

何故だと思いますか?

それは貴方の言葉が彼女の自己嫌悪感を満たすからです。
彼女にしてみれば、自分が毎日やっていることや頑張っているのにあまり評価されないことを褒めてもらったことで、それが小さな自信になります。そんな自信を与えてくれる人を女性が放っておくわけがありません。


ただし、注意したい点は多用し過ぎないこと。
あまりに連発すると、言葉の価値が下がってしまいます。
貴方が心から彼女を尊敬できる瞬間や、本当に「スゴい!」と思った事柄に対してだけ、使うようにして下さい。