モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

ちょっと職場の女性といい関係になれるかも、先輩に焚き付けてもらってデートのきっかけを作ってもらう

http://www.flickr.com/photos/9709742@N04/6004620857
photo by inertia_tw

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain 彼女に貴方の存在を意識させる一言とは

彼女との距離を縮める機会がないという人いませんか?でも、その「機会」は自分で作ることもできます。


社内に頼れる人がいれば、その人と一緒に作戦を練るのもなんだかんだで一つの手でしょう。なんてい言うと、「会社の人には絶対に秘密」という方針と矛盾するやん、と思う人もいるかもしれませんね。


でも、個人的に目をかけてもらっている先輩がいて、その先輩が、既に貴方の気持ちを見抜いているような場合は別です。探りを入れられても、「いやいや、全然好きとかじゃないっすよー。」なんていったって、逆に白々しいもんじゃないですか?


それなら、思い切って協力を仰いでみてはどうでしょう。


もちろん、これは例外中の例外。社内絶対秘密主義の原則は変わりませんから、協力者が貴方の気持ちを知っているときで、かつ全面的な信頼を置ける人であるときだけ、試さなければなりません。


では、どういった協力を仰げばよいでしょう。


結論から言えば、貴方の気持ちを知っている人(仮に先輩です)に彼女と一緒にいる席で「お似合いなんだし、デートでも行ってみれば」と焚き付けてもらってはどうですか。


もちろん、何の脈絡もなく発信するのは狙いすぎなので、協力してもらう人も空気を読める人でないといけませんが。あくまでも自然な流れで、彼女と貴方、そしてその先輩と話をしているところで。


かなりの高度な演技力を要求されます。
しかし、この方法がうまくいけば、彼女は否が応でも貴方を意識することになるでしょう。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain 最後に訪れる「空気」の意味

では、まず、下準備から。


・彼女の趣味などについて情報収集しておく
・飲み会などで、ある程度雑談ができる機会をつくる


情報収集に関しては、協力者が話を引き出すのが上手ければいいのですが、必ずしもそうとは限りません。


ですから、あらかじめ情報を集めておくとスムーズです。


さて、この下準備ができたら、いよいよ飲み会へ。
お酒が進んだところで、狙っている女性の隣に座ってください。では、ここからの流れをシミュレーションしてみましょう。


貴方と彼女が話をしているところに、先輩に割り込んできてもらいます。

先輩:休みの日とか、何してるの?
彼女:たまに野球を観に行ったりしてますよ
先輩:意外とスポーツとか好きなんだ、あれ?そういえば、お前、野球部じゃなかった?
貴方:そうですよー、高校までやってました、俺もたまに観に行きますね。

(他の雑談)

先輩:〇〇さんは、旅行とか良くいくの?
彼女:紅葉が綺麗になれば、京都行ったりしますよ。
先輩:お前は?京都とか、寺の良さとか分からんやろ?
貴方:そんなことないですよ、俺も

(他の雑談)

先輩:「2人、よく似てるやん、2人で出かけてみたら?」

きっと最後の先輩の発言の後、その場は何とも言えない気まずい空気が流れるかもしれません。貴方にしてみれば、彼女のリアクションが恐ろしくて居心地が悪くなるかもしれません。


しかし、このように“空気が変わる”ことに大きな意味があります。彼女に貴方をデートする男性として意識させる一言を先輩に言ってもらうのです。



f:id:t-dicek:20140920092713p:plain 彼女にマイナスの印象を与えていないか

彼女が貴方に対して、「この人は話やすいな」「優しいな」といった印象を持ってくれていても、それが恋愛感情に発展していないということは、あるでしょう。


そいう微妙な心理状態にいる人が恋愛モードにシフトするときには、周りからの一言が大きく影響をします。


私の知人夫婦に、彼らがお互いを意識するようになったきっかけが何だったのか、聞いたことがあります。


するとそれは、同僚が言った。
「お前ら、いい雰囲気だな。趣味も合うんだから、今度の休みにデートしてみたら?」という言葉だったのです。


お互いの印象は「ちょっといいかも程度」だったそうですが、その言葉がきっかけで、「じゃあ、京都でも行ってみる?」となり、それがきっかけで交際に発展したのでした。


この「作戦」を実行するときの条件は何でしょうか?
それは、その時点までに彼女のマイナスな印象を与えていないことでしょう。


それはそうですよ。嫌いな人とセットにされて「付き合えば?」と言われても、彼女として困惑するだけです。


この飲み会で、すぐに相手の恋愛感情が高まることあないかもしれませんし、結局、何事もなかったように流されて終わることもあると思います。


しかし、貴方がその後も変に意識をせずに、それまでと変わらない行動を取ることで、彼女の意識が変わる可能性は十分あります。


「話しやすいな」が、「もっと話したい」に変わっていくかもしれません。