読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテずに死ねるかっ!!

-Can you die without attracting her?-

付きあう前にすり合わせていたいこと、「されたいこと」「して欲しくないこと」

http://www.flickr.com/photos/69125796@N00/7415707598
photo by starmanseries


f:id:t-dicek:20140920092713p:plain貴方と彼女で違う浮気の境界線

「十人十色」こういう言葉は大好きなのですが、恋愛においても当然、100人いれば100人の考え方があると思います。本当に同じ恋愛観の人はいません、似てるなって思っても、結局それはその一部分だけでしかありません。


特に男女間の恋愛観なんて合わせる方が無理というぐらいに差があります。私なんかは諦めたが勝ちだと思っています。


最も分かりやすい例が「浮気」の境界線。「浮気は許さない」という共通する認識はあったとしても、「どこからが浮気なのか?」その境界線については人それぞれ違います。ある人は「体の関係を持ったら」と言うし、別の人は「2人で食事に出かけたら」と言い、束縛の強い人は「2人で話していたら」「目が30秒以上合っていたら」なんて言う人までいるものです。


この時点で大きなズレがありますよね。

都市伝説の女 [Blu-ray]

都市伝説の女 [Blu-ray]

1から10まで細かく話す必要もないですし、過去の恋愛を洗いざらい話す必要はないですが、彼氏彼女の関係になったら、せめてお互い相手にどんなことをされたらイヤで、何をして欲しいのか、付き合う前にある程度のすり合わせをしておくことです。


特に、夫婦・同棲中・社内恋愛など、彼女と合う頻度が多い人にとっては本当に大切なことです。一般的な恋愛では、ちょっとした気持ちのズレが生じたとしても、合わない時間で気持ちを整理することができますが、それができないカップルも大勢いると思います。だからこそ、はじめに話し合って、ある程度の自分の恋愛観を彼女に知ってもらうことが大切なのです。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain「されたいこと」「イヤなこと」の着地点

では、自分の「されたいこと」「イヤなこと」を相手に伝え、それを受け入れてもらえればいいか、というとそこはちょっと違いますね。やはり、一方通行に希望を述べるのではなく、相手も自分も、互いに納得できる、落としどころ着地点を探るべきです。


そのためには、恋愛観の伝え方にもコツがあります。


束縛されるのが嫌だという男性も多いと思います。実際に私がそうです。
確かに、いつも束縛されて窮屈な思いをしていると、恋愛は楽しめません。でも、「束縛はされたくない」とストレートに言われた彼女はどう思うのか、少しだけ考えて欲しいのです。


お互いの「されたくない/して欲しい」を確認することで生まれるメリットは理解と譲り合いです。「束縛」と一括りとしてしまうことで、女性だけが気持ちを我慢し続けることになると、どこかで必ず心の溝が生まれます。


そうならないためにも、「どんな束縛が嫌なのか」を伝えることが大切です。

f:id:t-dicek:20140920092713p:plain女性友達が多いこと、自分と付き合うことで彼女が不安に思うことを伝える

以前、ある男性から聞いた話を紹介します。
彼が過去に付きあった彼女は、すごくヤキモチ焼きだったそうです。それだけなら、程度の差こそあれ、どんな女性にもあることでしょうが、彼女の場合は気持ちが不安定になりすぎて、彼の前で自殺未遂を図ったそうです。


彼はとても社交的で、男女問わず友人が多い人だったので、そのことでよけい彼女の不安が増幅されたのかもしれません。


その後、彼は同じ職場の女性と付き合うことになりました。そして、彼女に過去の出来事を話したうえで、こう言いました。


自分は女友達もいるけど、恋愛感情に変わることはないと、僕の気持ちを信じて欲しい、と。

この話し合いによって、彼女は不安を抱きつつも彼に理解を示し、彼も女友達と2人だけで出かけるような行動は控えるようになったそうです。


男性は、「余計な詮索をされたくない」「説明が面倒」「誤解されるのがイヤだ」という理由で、細かいことを話さない傾向があります。


女性は「感情」がきちんと伝われば、相手をより深く理解しようとします。だから、男性は、自分がなぜそんな恋愛観を持ったのかを伝えればいいのです。そうすることで、お互いに心地よい関係を築けるようになるのですから。